FC2ブログ
byにしやまみずき
  • Comment:0
  • Trackback:0

やっと舞台の稽古が始まる「男が死ぬ日」

劇作家協会のリーディング部の神奈川の月いちリーディングの話し合いをウェブ会議で傍聴。
とても勉強になった。広がってほしいなあ。



その後アトリエDEWで、20日のデヴィッドの食事会の打ち合わせ。予想通り、あっという間に満席になってしまった。
上⬆️の写真は、賄い。
筍ご飯
あさりの澄まし汁
牛蒡のキンピラ
鯖のカレー香味焼き

夜はアトリエ最寄りの「瑞鳳」へ。
明日からの稽古に備えて、ニンニクたっぷり食べてしまった。シマッタなあ。

さていよいよ、

西洋能「男が死ぬ日」。
プレ稽古だけど、新しい稽古場に行く前の日は眠れない。
台本を読み返しても、これまで育んできた役のプランの全てが間違えていたような気がしてならない。
予め、演出のボビー中西さんから「書かれていない事を書き出して」「疑問をメモして」と言われていた。

結構自信があったのに、日付が変わったら全てが間違いだったように思える。
メモすらも陽炎みたいにぼんやりしてしまう。
大作なのにこんなにグラグラしてはダメだ。

珠算も習字も遠足も運動会も、こうやって失敗して来た。

台本 をひたすら自分とこ中心ばかり読んできた。
昨日今日は「戯曲」を読んでみた。
何か心の中でジワジワ動いて行く。
寒気が戻るように、絶望を覗き込む。
冷たい情熱に火が点いているのを確認した。


お弁当用にキヌアと玄米の炊き込みご飯大量に作った。
冷凍だ!
byにしやまみずき
  • Comment:0
  • Trackback:0

アトリエDEWの会席 『日本映画、心に残る食事の名シーン』

『日本映画、心に残る食事の名シーン』
コーディネートで参加していましたが、
おかげさまで予約がいっぱいになりました。
次の食事会もよろしくお願い致します。

20190403150241.jpg

デヴィッドより

小津安二郎の映画にいざなわれて、私は日本料理を好になりました。
そして日本料理人になりました。
あれから随分経ちましたが、それは色あせることなく私を刺激し続けています。
食事のシーンには、映像を超えてにじみ出る人間のドラマがあります。

厳選したこだわりの旬の食材に手を振るい、愛する日本映画に捧げます。
きっと素敵なトークと美味しい会席のコースになるに違いありません。

春たけなわ、
静かな昭和の古民家で、
私のこの想いを、映画プロデューサーの古澤敏分さんととも語り合います。
勿論皆様もご一緒に。

四月二十日、土曜日の午後5時。
穏やかな春の夕暮れから、庭の木々に十六夜の月がかかるまで。
デビッドのアトリエDEWでご一緒に過ごしませんか?

20190403150314.jpg
"Japanese movie. Great scene of the meal remembered for a long time"
I was charmed by Yasujiro Ozu's movie, and came to like Japanese food.
And it was a Japanese food person.
From that it has passed a lot, but that keeps stimulating me without fading away.
There is a human drama which comes out beyond a picture in a scene of a meal.

A hand is used on the particular ingredients in season selected carefully and it's offered to a loved Japanese movie.
I'm certain that it'll be a course of a nice toque and good kaiseki.

The height of spring.
At an old private house in quiet Showa.
These my feelings, Mr. Satoshi Kozawa part of the movie producer and, if, I talk.
Be with everybody of course, too.

5:00pm of April 20 and Saturday.
Until it takes the month of the moon sixteen days old for the trees in a garden from the evening in gentle spring.
Does let's have time in David's atelier DEW together?

アトリエDEWの会席
『日本映画、心に残る食事の名シーン』
【設えと料理】
デヴィッド・ウェルス
【トークゲスト】
古澤敏文
【日時】
4月20日(土)
17時スタート
21時散会予定
【場所】
荻窪のアトリエDEW
(後ほど詳しい地図をお送りします)
【参加費】
5千円
(コース料理にワンドリンク付)
*持ち込みも歓迎ですが、料理に合う飲み物を用意してお待ちいたします。
*お子さまのご同伴はご相談ください。
byにしやまみずき
  • Comment:0
  • Trackback:0

賛否両論の芝居こそ面白い(トラッシュマスターズ「オルタリティ」)

トラッシュマスターズ「オルタリティ」拝見。

賛否両論の芝居こそ私は面白いなと思います。

前半の市町村あるあるネタの連打。
後半の「山椒魚」みたいな近未来。

このズレを一気に、一緒にジャンプする楽しさ!

思いっきり場違いな虚しいシチュエーションで善を語り哄笑させる中津留章仁さんの企みは私にはヒットした。
彼の叫びを聞ける私なのか?嘲笑う私なのか?

(^^)んで、「埋没」に客演の みやなおこ の誕生日
トラッシュメンバーと友人たちに囲まれて☺️
仲間っていいな。
3/3 まで駅前劇場 で。