FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

魚津から富山へ

魚津の駅まで見送っていただいた方々と。 朝だからね。何だか恥ずかしい。 私は撮影隊に回った。 昨日の舞台とは違う私たち。 ひっそり着いて、盛大にかまして、ひっそり立ち去りたいという思いもある。
山に向かって、雲が集まったり晴れたりする。 こんなに大きな山が迫っていたのだと、 雲の晴れ間に圧倒されながら出発。
富山の春はこれからだ。 まだまだ、寒い! 寒い!


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)