FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

ヒンドゥー五千回のあかねちゃん、とヒンドゥーの人々

大宮には東京で見逃したお客様がたくさんみえた。 街も楽しい。 不思議な2ステージだった。 そして7日は楽しみにしていた「うたかたの日々」。 近い距離の、若さ溢れる悩みっぷりに好感が持てた。お洒落だし。若い男の子は可愛く、西田、立花のただ者じゃないカンジもうまく使われてたと思う。しかし、役者の扇田君にすごく惹かれたな。企画して、書いて、演出して、それでもはみ出してる何かが見えたから。甘えられない、甘えていない、そんで、何かあきらめかけたような、自分を励ましてるような。背負って気負っていないぞと、役からはみ出した彼の意地のようなものが美しく、透けて見えたから。 皆と飲んで、別れて、地元で独り飲む。同じく下北で芝居を見たK子様とメールをかわしながら。そしてついに電話で話す。 ああ、一緒に飲めば良かった。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)