FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

高松 少しずつ姿を変える美しい街 

劇場は美しい公園と海のそばにある。 マチネが終わって、買い物の探し物しながら、ぶらつく。 何度もこの景色を見た。 その度に違う私だったけど。 結局、私は変わらない。 この街も、来るたびに景色が変わっているけれど、変わらない何かがあって、それをこの町の人は故郷と呼ぶのだろう。 ところで、力強いにぎやかな客席です。戸惑うほどのびのびと楽しそうなお客様のリアクションが、実は私は好きなんである。 私(エミリア)がハンカチを拾う時なんか、客席中が息を呑んで、リズムを作ってくれる。 やさしい暖かな客席。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)