FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

逆さに読めば豊かな意味のある人生

なくしたもの、ひょっこり。 この数日、ネットでみんなの日記を読んで、程度の差こそあれ、一様にみんなの心に低気圧が停滞していた。不思議。 私も、微熱っぽく引きこもり、しかし、締め切りのある数件の「事」をこなした。こなしながらも、何故何故と頭をぐるぐる回る不可解で不愉快なことがあった。人の命の終わりのことなので、どうしようもなく。取り返しもつかず、悲しくもなく、ただ、心配事が増えて、あきらめるしかない敗北感。私がどんより曇り空なら、悲しみの嵐の下にいる友人たちは、どんなため息をついているのだろうか?逝ってしまった人よりも、その人たちのことが本当に心配。 本当にひょっこり、なくしたとあきらめたはずの大韓航空のマイレージカードが出てきた。旅に、また出ろというの? 見たことのない着番から、たどたどしく懐かしい声が聞こえてきた。日本語あまりうまくなっていない。それとも私に電話する緊張から? 健康カードも、そうそう、健康診断ね? タロットの、ひっくり返った札のように、私に大きな意味を与える。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)