FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

東京で芝居をするという事 10/31 oneor8 

東京に暮らすというのは、私にとって本当に特別な事だ。 多分、深く考えた事ないひとでも、何かの違和感は感じているようだ。 東京で生まれ育った人たちにとっても…。 「僕は東京生まれの田舎者なんです」という、新宿生まれ、杉並生まれ、八王子生まれの男たちを知っている。 東京の生活で、あらゆる他人と調和しようとする肉体の本能にさからってさからって、 心と身体にものすごいコントロールを強いられる。 その結果、東京で暮らすという事は、本当に自在で自由で楽しく。 ああ、この私の人生は私自身のものだなあ、という実感。 oneor8の「電光石火」を見て来た。こんな、木造モルタルな家と、煩わしい人間関係、を、描いた作品を今まで一体何本見て来ただろう。小さなハッピーエンドは、「オセロー」の悲劇より残酷な気がした。 東京の新宿の人ごみのなかを歩いて、たどり着き、見終わって、満員電車で帰る。1ベルが鳴ろうがカーテンコールがあろうが、芝居は、この景色にとけ込みすぎていて…。 あ!ところで、キムキム(木村靖司)の演じるどうしようもなくヤな人、好きだわ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)