FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

たましひのたとへば秋の螢かな  飯田 蛇笏

松本きょうじとは少なくない数の作品を一緒に作った。 「きょんきょん」とからかい半分に呼ばせてもらっていた。 恥ずかしそうにうつむいて見上げる瞳が思い出されて、眠れない。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きょうじさん
ショックです。
いつも強かったのに・・・
あれは強がりだったんでしょうか?
ずっと強くあってほしかった。
ムスク・バンダナ・サングラス・猫背・・・
ご冥福をお祈りします。

ランパン | URL | 2006/07/02 (Sun) 15:23 [編集]


悲しいです
松本きょうじさんの芝居を初めて観たのは
今から10年前・・・ 
大阪での芝居は必ず、東京でも
カーテンコールの時の
はにかんだ(うまく言えませんが)
きょうじさんの顔が忘れられません。
どうぞ安らかにお眠り下さい。

sayojoon | URL | 2006/07/15 (Sat) 23:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)