FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

今年のピースリディング

恒例にするってことはまだまだ平和が遠いってことですけれど、
今年のピースリーディングのお知らせをします。

まだ詳しいことは調整中ですが、たくさんの頼れる仲間とともに今年も面白そうですね。。

日 時:2009年8月17日(月)、18日(火)

場 所:全労済ホール/スペース・ゼロ TEL 03-3375-8741(代)

料 金:(全席指定)一般1,500円 中高生1,000円 小学生以下500円

<スタッフ> 作    :篠原久美子
演出・構成:渡辺えり
照 明  :中川隆一
舞台監督 :金安凌平
<内容>
○第一部:朗読劇「ディア・マイ・イン・パレスチナ(仮題)」 パレスチナの難民キャンプへの経済支援のため、パレスチナの少年と文通をする日本の主婦。
 しかし夫のリストラで、経済支援どころではなくなってしまった…!
パレスチナの少年の家族のことを考えれば支援は続けたい、しかし月5000円の出費は痛い…といった小さな悩みが始まる。
 「2つの家族」の営みと、手紙の中から現れる様々な人々の証言から、日本とパレスチナの現在が見えてくる―。
事実やデータを証言形式で語っていく構成の予定。

○第二部:シンポジウム

一日目にパレスチナ問題の専門家、二日目に貧困問題の専門家をお招きする予定です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


スリランカ和平→国連安保理の欺瞞、米国オバマ政権の正義

 スリランカ全土の100分の一、200分の一に限定された地域を無差別に攻撃しているスリランカ政府に、何らの道義的正義は無い。この無差別殺人を容認する英仏、国連安保理の声明は、人道に対する激しい凌辱である。 これを、「テロとの戦い」という一言で正当化する、「 [続きを読む]

『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu / 2009/05/16 (Sat) 22:01