FC2ブログ

art(芸術)は文字通りart(方法、技術)である

2005年09月30日
鶏頭蠍尾 0
昨日は由佳が客演している芝居・「ゼロの棺」by 風琴工房、を見た。わかり易いメタファーと情熱の若々しい芝居だった。
俳優たちが一丸となって、何か大きなものに立ち向かっているのを見るのは好きだ。そして、私は文学少女に弱い。文学の神様に護られた詩人・詩森さんは、「ひまわり」をキーワードに、芝居を丁寧に進行させていく。そこへ持ってきて、現場に慣れたスタッフのお兄ちゃんたちがその少女らしい世界にぎらぎらと精彩を与えて物語を力強く縒っていく。その縒り戻し方の正確さに私は打たれた。たくさんの現場で化け物みたいな先輩たちと出会ってどんどん成長して欲しいなあ。トラムってすごくオーラのある劇場だ。私はここに座ると、いつもここを作った世田谷パブリックシアターの最初の芸術監督、佐藤信のことを考える。トラムの赤いドアとパブリックの天井に描かれた空がとても好きだ。その力を借りて見るせいか、ここの観客としての私はかなり冴えてる。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply