FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

芝居を見る人が少なくなって役者の生活が変わっても(@静岡)

鑑賞会の方々からのおふくろの味プレゼント久しぶりの2ステージの日。
マチネとソアレの間に会員さん手作りの小屋食をいただく。

本当に2ステージが少なくなった。
初旅の時、泣きながらホテルに帰ったアーケード街を良く覚えている。
荷物が肩に食い込んで、本当に家に帰りたいと思った。

今、こうやってツアーが始まると、
ここに帰って来たという実感が湧く。
小屋食とかお通しとか言われるどこの鑑賞会も会員が減少しているという。

私たちにできる事、
みんなで楽しめるいい芝居を作る事。

問題提起して、会話を弾ませ、
関る観客や一座の人生を智慧で照らす。
そんな芝居。

アヴィニヨンで出会った老夫婦の言葉が蘇る。
「人生に迷ったら劇場にくるんだよ。劇場には人生の答えがあるから」

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)