スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

演劇シーンの全てを生きようとついつい思ってしまう

朝、高円寺駅で大騒ぎ、消防車が何台も、止まっている。たくさんの人が上を見上げて携帯写真したりしている。

すわっ!

と、「タスケテー」と上方のホテルの窓からガイジンの声、でも、バカ殿のカツラをつけている。サイレンを鳴らしてはしご車が駆けつけると、楽隊が演奏を始めて、初めて高円寺びっくり大道芸のパフォーマンスだとわかった。駅も消防署も街ぐるみでこういう事ができるなんて高円寺の地元力に感動した。
IMG_0606
IMG_0606 posted by (C)an

春の小径そういえば、座・高円寺ができてから一周年か…。

大好きな花の小径を通って…、大好きな芝居の稽古に向かう。昔、心にあったギラギラしたものが消えて、ゆっくりと強い喜びに変わっている。演劇界のすべてのシーンで認めてもらえないと不安だった。自分がここにいると全ての人に知ってほしかった。20代30代の頃には戻りたくない!

稽古場への路今、役者の仕事の愉しみ方がわかった気がするな。

そういう邪心みたいなものがなくなってから素直に役を生きられるようになった気がする。あっさりと役に身体をあずける悦び。


夜は、ひょんなご縁で急にチケットが手に入り、八幡山に新しくできた劇場「ワーサルシアター」に千葉哲也君の「BLUE/ORANGE」を見に行ける事になった。

劇場がオープンすることも、千葉君が演出・出演する事も、CATプロデュースの事も全く知らなかった。知らなかったらもう一生出会えない芝居。本当に人生は不思議だ。ガツガツしなくても、イライラしなくても、人生は的確なところに私を運んでくれる。

3人の男優たちが2時間半をかけてじっくりと描く。人間であるという病。…自分の中にあった差別の心とのつき合い方。これは、今の時代に演劇を選んだ私たちが最も気を付けて考えなくてはいけない事だ。


海の幸のペペロンチーノ海の幸のペペロンチーノ posted by (C)an

最後はいつものバーで締める。
すごくいろんな事があった一日だったなあ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。