スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

改めて…引用や、リンクについて、今考えている途中の事。

私がここへ引っ張って来るいろんな引用ですが、意見と、備忘としての記録や例えもあります。きちんとわかるように書き分けたいけど、詰めの甘さと文章力で、ゆるくなってるとこご容赦ください。

それに比べて、様々な科学に携わる方は丁寧に矛盾を埋めながら進んでいることがよくわかりました。一部を切り取っての矛盾に囚われるのは素人のあさはかさですね。今この時もひたむきに研究調査を続けている人たちがいる。

今朝、かかってきた現在の途中を知らせてくれた一本の電話。◎さんありがとう。こういうつながりに感謝したい。
それから、ツイッターなどの論争に参加したくない心優しい方からDMやメール。

私が心に触った引用。もちろん私の偏差値では余りにも難しい事ばかり、だからと言って門外漢ではいたくない。首は突っ込めないけど、壁越しに立ち聞きくらいはしていたい。

様々なデータがある。どっちが正しいの?といううわべの理解ではかえって混乱するばかり。それから、演劇人としては矛盾があったら「じゃあ間違いじゃん」ではなく、今この最新のデータはその先にあったのだ、しかも今途中なのだ、という人間業への感情移入を忘れてはいけないと思った。

また別の方から、混乱の極みだったチェルノブイリとの比較はケースによって細かく見た方がいいということをアドバイスいただきました。まずのう胞などは計測する機械の性能がが違う。あらゆる情報の基準が違う。情報が整理されたのが4年くらい経ってからというので、本当に発症が4年後だったのかというのも単にデータが整理されていないだけではないかという問題提起もありました。最新の機械ではF1由来でない嚢胞等も多く発見されている。これに関しては長くなるので近々また。それぞれの情報は矛盾するけれど精査されている貴重なもの。まだまだたくさん驚くべきことやほっとすること。ネットの情報もだけど、関わった信頼できる人に直接かやはり信頼のおける人を介して聞くのは本当に大切ですね。そして古いデータはその研究者たち自身の努力によって次々と上書きされていく。データにこんがらがって数字しか見えなくなっている人や、自分こそが正しいのだという事に囚われてカルトみたいになっている人もいる。

情報を提供してくれた方の、「推進派と違って、脱原発や反対派の立場の人が持つ情報にはより正確さが求められるから」という言葉が印象に残った。

引用はしましたが、情報は遅れてコントロールされてやって来るという事を充分理解し、続々と出ている新しい情報にこそ気をつけていきたいですね。それに、過去の情報が真実だと検証されたからといって、実際に役に立つかというのは専門家に任せて、私はこうして動いていく人の心の歴史を目撃していきたいです。

今は助け合わねばならない時、と言う常識とは別に、むやみに歯を剥き合ったり、貶め合ったり…。努力や勉強にかこつけた思考停止や、思いやりという過干渉。だからといってそれを恐れて無関心不感症になるのもねえ。過渡期にはまだまだ大いに悩もうかねえ…。臆病になってもいられない。怖いものを見るとそこに問題を内包している自分もいる。

演劇の教科書そのマンマですわ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。