スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

さうして、さうして、神さまは、 小ちやな蜂のなかに。

岡本かの子の叫び声が耳の中にこだましている。
稽古も佳境の「大味噌村の昔話−ばばへびかえる−」の婆たちに影響しない訳がない。
全く悩ましい創造の日々。
IMG_4525そんな中、稽古場から自転車で吉祥寺前進座劇場に「みすゞ凛々」を。
写真は金子みすゞを演じた小川里永子さんと母親を演じた神野美奈実。美奈実ちゃんがお母さん役!!

懐かしい、西巻映子とまちあわせ。
舞台の上には神野美奈実…!
なんだなんだ…時間はより戻ってあたりを巻き込んで前に進む。

EDメタリックシアター、という幻の劇団の事はもう覚えている人も少ないだろう。思い出したくないほど辛い事も気が狂いそうなくらい楽しい事もあった…。そんな感情の洗濯機みたいなとこに望んだとはいえ投げ込まれてぐるぐるまわされた私たち。

芝居は、本当に面白かった。心に沁みてせつなかった。
奇しくも戦前を生きたふたりの女性作家の鮮烈な人生を続けて目撃した感。

岡本かの子(1889年3月 1日 - 1939年2月18日 享年49歳)
金子みすゞ(1903年4月11日 - 1930年3月10日 享年26歳)

ほぼ同じ時代を生きたふたりの女性の接点はあったのだろうか。

終演後、ゆっくりとたくさんの事を話した。
福島を故郷に持つ神野美奈実ちゃん。
南相馬を中心にほっとサロンという場を作って活動を続ける西巻映子。
人生色々あったなあ。

蜂と神さま
          金子みすゞ
   蜂はお花のなかに、
   お花はお庭のなかに、

   お庭は土塀(どべい)のなかに、
   土塀は町のなかに、

   町は日本のなかに、
   日本は世界のなかに、
   世界は神さまのなかに。

   さうして、さうして、神さまは、
   小ちやな蜂のなかに。

いよいよ明日初日だ。荷造りも終わった。
見に来て下さい。
http://www.momouta.org/main/products/p201209cafe

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。