スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

本来漢字である地名や名詞・固有名詞をカタカナで表記するとき

IMG_4116さあ!
「この子たちの夏ー1945・ヒロシマ・ナガサキ」の稽古が始まった。

写真は、木村光一センセイ提案のちょっとした豪華な軽食。
美味しかった~。ごちそうさまでした。

昨年とキャストも、私が読むパートも変わって新しい「この子たちの夏」だ。

タイトルは
 朗読劇『この子たちの夏ー1945・ヒロシマ・ナガサキ』
という。

今日は木村光一さん(私たちは尊敬と親愛の情を込めてセンセイと呼ばせていただいている)が珍しくこのタイトルについてお話しされた。こんな事は初めての事。

日本語で、本来漢字である地名や名詞・固有名詞をカタカナで表記する場合の用法について。
ヒロシマ・ナガサキとなぜカタカナなのか。

私も役者なので、こういう風にカタカナで書かれた場合、私なりの解釈と、それをどう読むかと言うこだわりはあったが、今回のお話はこの作品を構成された作者としてのお話だ。

文学上の大きな意味についての事。知らなかった。

1:日本人として心に刻み付け後世に伝える言葉として普遍性を持たせる場合カタカナで表記する。

2:世界で初めての原子爆弾攻撃を受け多数の市民が犠牲になった街。そして今も尚その苦しみは続いている。その事で世界中に知られた街…などという前後の意味を省略する場合カタカナで表記する。

3:人々が持っている思い以上の意味を、個人的に持って呼ぶ場合カタカナで表記する。

4:本来もっている意味から分断されてしまった場合、カタカナで表記する。

木村先生は、私たちが朗読する各作品を書かれた方々すべてに、直に会って丁寧に交渉し、長い時間をかけてやっと、1時間40分程の劇にまとめられた。
「(書き手としての)僕が生きているうちに再び漢字で廣島・長崎と書ける日が来るだろうか」とおっしゃる。

ヒロシマを廣島に。
ナガサキを長崎…そして、
フクシマと呼ばれるようになってしまった、美しい豊かな場所を
福島と呼びたい。
早く。
私たちの手に、本来の意味に取り戻したい。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。