FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

あなたもどこかで、検証されないまま消えた記憶を渡されているのでは

IMG_3455本を読むのが遅い。頭もくるくるとは回らない。私は自分時差がある。自己時差ぼけもする。一人浦島。

ま、とにかく、少しづつ自分に課した宿題が、本当に少しづつ進んで行く。
増えてもいるんだけど…

本や資料、DVDにインターネット…いくつかの事が同時にバラバラに進む。
原子物理学の人たち。
健康の事。
日本の語り伝えられて来た伝説のこと。
福島の方の震災や放射能の話を聞いたり読んだり。
地面の下の事。
日本人の心の事。
家族の事。
料理の事。

IMG_3457バラバラなものがあるタイミングでひとつの物語のように繋がる時がある。

子どもの頃、長崎は遠かった。でも、法事や祭りなどで、かいま聞いた記憶にのこる大人たちの言葉がある。
幼かった私の好奇の眼にさえ口を閉ざしたあのひそひそ話。ささやきあう声。

被爆や低線量被曝に関する事。
「やっぱ原爆症やろか」
「そりゃ原爆症よ」

こそこそと、短い言葉で…。
言葉の少なさはお互いに了解している事項の多さであると今頃気付く。
検証されないまま消えて行った経験と記憶。たくさんの人の疑いと無念。

いま、被災の当時者の方々のお話を伺う時に、フッと重なる言葉がある。
二度の放射能の悲劇は今の日本人に伝わってはいない。
黙って逝ってしまった人たちの声が私の耳に残っている。
あの時、もしかしてあの人たちはわざと聞かせたのかも知れない。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)