しっかりしろと温かい大きな手で背中をたたかれるような

IMG_2981世田谷パブリックシアターに「王女メディア」拝見。

演劇に100%はない、とか、正解はない、とか言われるけれど。
「完璧なもの」というものを何度か目撃した。演劇の場合、「完璧」の輪の中に観劇している自分も入っているのだから面白い。

平さんの王女メディアは完成した上に前進している。
これが最後だなんてもったいな~い!

子殺しの夜叉を、女の嫉妬の狂気ではなく普遍的な人間の悲しい性質として演じ切っている。生き切っている。これ以上の恐ろしい絶望の表現はない。
メディアは今も生きていて、血だらけの服で街に佇んでいるような気がする。

しかし、完成度の高いものを見た時によく感じる自分自身の無力感はない。しっかりしろと温かい大きな手で背中をたたかれるような。優しさに満ちた舞台であった。これはどういう不思議だろう?今も考えている。

女優の仕事とは何だろう。私の、心も含めての弱ささえも表現の力に換えられる時が来るのだろうか…。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS