FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

ネイティブの福島の郡山言葉の響きは うっとりと哀しい

IMG_2809今日は小峰公子氏と二人稽古。
いやあ、みっちりと。

途中で明樹由佳がチラチラと顔を出す。由佳が稽古場の手配をしてくれたのだ。

ネイティブの福島の郡山言葉を聞いていると、鮮烈なイメージの展開にうっとりと哀しくなる。
そしてこんなに美しいものを壊した何者かに向かって猛烈に腹が立つ。
今回の事故を自分たちの驕りのせいだとか、自業自得とかいう意見がちらほら聞かれるけど、
違う!!そうではない!!下手な反省は思考停止だ。

大幅に書き直しは続く。

言葉は生きている。

IMG_2811稽古場の机の上にはiPhon二つ。iPad二つ。キーボード。スピーカー。手帳や台本の周りにたくさんのラインが渡っている。新しい機器を目の当たりにすると虫が疼く。

帰りにヨドバシカメラに寄って、家人から頼まれた小さい物を買う。
彼は私が落っことして割った初代iPhoneをiPodとして使っている。一見、慎ましやかだが周辺機器がヴァージョンアップして使えなくて合うものを新たに購入しなくてはいけないんだ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)