私たちの今をリアルに描こうとすれば不条理劇になってしまう

大根が余ったので切り干し大根にしてみる。
切って笊に拡げて風通しの良いところに干すだけ。
人参とちょっと青いのがあればキレイなんだけど。
今夜のお味噌汁はこれで行こう!

IMG_1855
IMG_1852
さあ、これは何でしょう?
蚊取り線香でカーテンが焦げたんです。
本当に危ない所だった…ゾゾゾゾ…気をつけよう。
でも焼けこげの形はかわいい。

さて、月の美しい美しい夜、劇団桃唄309公演『はじめてのにんげんがり』@中野/テアトルBONBON

戯曲・演出 長谷基弘
もちろん照明は伊藤馨君よ。


【出演】
吉原清司
佐藤達
國津篤志
楠木朝子
山西真帆
政井卓実
塙育大 (Defrosters)
力武修一 (劇団リケチカ)
畑雅之
五十嵐ミナ (office HATTA)

IMG_1858すごくよかった。
311で日本語の意味がすっかり変わってしまった。今の私たちの生活をリアルに描こうとすれば不条理劇になってしまう。演劇者たちの迷う姿が新しい表現の兆しになった。
美しくて悲しいファンタジー。

特にね、佐藤達(トオル)クン!!瑞々しい感性とはこの事か?
もっともっと大きくなってどこまでも行って欲しい。
それから、写真では白目の國津篤志クン!

生々しさは仮面に隠された人間の本性を否定的に描く事が多い。
ナチュラルな演技というものの後味の悪さが際立つ芝居が多い。
しかし、彼らの演技は生々しい人間の善意に満ち、それが長谷不条理ファンタジーと相まって不思議な不思議な…しかし今やリアルな世界に、私も迷い込みそうでした。

次回が楽しみです。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS