過去日記911デモは和気あいあいと静々と往く招魂のお祀りのようでした

IMG_1841デモに参加して来ました。

列に加わった感想は
「ああ、これがデモの中なんだ」

歌いたい人は歌い
叫びたい人は叫び
沿道の人に話しかけたり
小さく笛を鳴らしたり

でも殆どの人は私のように黙ってゆっくり歩きました。

先祖に頼んで豊作を天に伝言するように、
龍神に雨乞いをするように、
モグラを叩いて田んぼから追い出すように、
原発を無くして、放射能を消すために、
そういう日本人らしい謙虚な優しいデモでした。

怒鳴り声はお巡りさん同志の、上司が部下に「声だせ!」とか「走れ!」とかいう声だけ。

両側をぎゅうぎゅうにお巡りさんに挟まれて、
前後左右にぶつかっては謝りながら、靴を踏んでは謝りながら、
デモを許されているはずの車道の、半分も使えないほど大勢のお巡りさん、
幅寄せしてくる装甲車。
「早く歩け」「立ち止まれ」
言いなりに進みました。
軍隊に捕まった捕虜と違うのは、もの言う自由と権利を保障されているはずだと信じてるところかな?
お巡りさんだって脱原発を支持してくれていると信じているところかな?

だから、静かに従って、

いい天気で、いい風が吹いていました。



途中でお巡りさんがこっちに行って下さい、と歩道に誘導しました。友人が「さっきは歩道に上がるなといったのにどっちよ?」と聞くとお巡りさんは黙って無視して忙しそうに他の人を誘導していました。何人かは歩道に上がりました。

そして私の真横で歩道を行く人たちが捕まりました。みんな抵抗しないで手を挙げたり、地面に伏せたりしていました。

そしてデモの列はちぎれちぎれになって、両側にお巡りさんが垣根のように並んで作った路を私たちは歩き始めました。

「こっち行ってこっち行って」と誘導されて路を渡った。何も疑わないで。

突然、方向違いの方からデモ隊の誘導係のお姉さんが「こっちですよーー!」とあせって叫びました。コースを外されていたんです。それでみんなゾロゾロと戻る事ができた。「コースはこっちですよ」「だってお巡りさんがあっちに行けっていうから…」デモのコースを外れ、一網打尽に逮捕されてしまうところでした。

逮捕者は17名という噂。
ひとりの無抵抗の市民に10人近いお巡りさんが群がって、押さえられた人は重くて怖かっただろうなと思いました。

ネットや署名でたくさんの同じ思いの人たちがいると知ってはいましたが、そのひとりひとりがくっきりと私の前に現れました。デモをするとしないじゃ大違いだったなあ。

パレードはよくやったけど。そうか、小さなパレードがたくさん集まっているような、バラバラの大きな流れが自由で、居心地よく、ピースでした。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS