原発の事故は たくさんの国の助けが必要 平和憲法でよかった

DSCN46016月27日のアンのチャリティーライブ「アンチャリ」
ささやかな会でしたが、とてもたくさんの「篤い」お客様にお越しいただき、バザーの売り上げ、有志の寄付も含め

なんと合計 69,871円!
もの支援金をお預かりすることができました。

色々な方にアドバイスをいただき、
最もアンの世界に近い
「日本チェルノブイリ連帯基金」に震災支援として寄付させていただきました。

日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)は、

「チェルノブイリ原発事故の影響と思われる病気が多発しているが、自国の医療だけでは救えない」というロシアからのSOSをきっかけとして、1991年に設立。その後精力的にチェルノブイリ被害の支援活動を行っています。

今回の東日本大震災にあたっては、特に福島の原発事故の被害を鑑み、医療チームで3月21日から福島県南相馬鹿島中学校避難所、南相馬市立総合病院などに医療活動を行ったり、医療品の輸送をしたり、炊き出しをしたり、千人風呂プロジェクトを行ったりと精力的に活動。この夏には、福島の子どもたちを長野の病院で健康診断を行う活動を進めています。

皆様、ほんとうにありがとうございました。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS