FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

アンチャリ ご来場ありがとうございました これからは毎日が新しい日々

FxCam_1309068465995たくさんのお客様に支えられ寛容され、無事にアンチャリ終了しました。

私にとっても大きなひとつの季節の終わりでした。

脱原発を勉強したり行動したりしていても、いやだからこそ、現実逃避も思考停止もできない。「もうこの放射能と生きて行かなければならない」のだ。原発をすべて止めなければと言っても、復興には持てる力を差し出したい。

現実を受け入れて、いつわりなく生きる日々の始まり。

FxCam_1309070225116しかし素晴らしい時間だった。大人も子ども平等に歌や朗読を楽しんでいただいた。

円城寺あやちゃんの朗読する「原子と人間」。
じっとあやちゃんを見据える子どもたちのまっすぐな、真剣なまなざしを見ていると、胸が一杯になった。

彼らも必死で生き抜く覚悟を決めているのだ。不安は大人の比ではないだろう。

IMGP951860年前の湯川秀樹博士の声が、危機に瀕した未来の子どもたちに今、届いた。

それだけで、演劇をやっていた意味があった、と思った。私の生まれた意味はこれか、と思った。

膝を抱えて小さくうなづきながら先を促すような子どもたち。

突然、「大丈夫かもしれない」という希望が私の胸に溢れ出て熱くなった。
演劇には輝くような力がある。

それを知った今回のライブだった。

IMGP9492本当にありがとうございました。
見にくく御窮屈な思いをされたお客様、本当にすみません。

緩いがさつな私の進行に文句も言わずひたすら楽しんでくれた出演者の皆様、スタッフの皆さんもありがとうございました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)