FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

大きな会館でもきめ細かく細かく演れば 小さな気持ちのさざ波も伝わるもんだ

IMG_1191俳優座劇場から、いきなり松本芸術会館の大ホールでは、演技のスタイル的に伝わるのか、激しく心配だった。

ところが、劇場がいい。そして何より松本のお客様の理解の深さ。演劇は観客に励まされながら命を与える、とはオセロの時の平さんのコメントだが、まさにそんな感じ。よい劇場はよい観客を育て、よい演劇を作る。民度が上がり、元気な平和な街になる。
IMG_1191 posted by (C)an

IMG_1197今日は交流会。

ちょっと、時間があったので会館側の深志神社に。これからしばらく私の写真はキヨキヨだらけになると思います。

この街の、ちょっとした歴史を知る。

色が大陸的。
IMG_1197 posted by (C)an

手作りのテーブルが嬉しい。手前は辛し稲荷終演が近づくころから、ラウンジ周辺が賑やかに、次々と美味しそうな野菜やカラフルなお料理が運び込まれ、盛りつけられていく。楽屋の一部屋に松本のお客様が集まってくる。歓声をあげてしまう。

ありがとうございました。地ワイン(2006年)も美味しい。

見て下さい!

コゴミ!
ワラビ!
見よこの山菜コシアブラ!コシアブラ
コシアブラ


交流会記念写真
交流会記念写真 posted by (C)an

その後は、ご推奨のお蕎麦屋さん「純」に二日続けて。
十割の田舎蕎麦、歯ごたえと、だんだんと口の中にあふれる蕎麦の甘さ。
甘くないお汁もぴったし。

佐川君は汁に浸けずに蕎麦だけ美味しそうに食べていた。

しめ鯖とサヨリこのお店はお魚がまた美味しい。昨日は餃子も食べたっけ。美味しかった~。

松本市深志3-5-3 手打ち蕎麦「純」
しめ鯖とサヨリ posted by (C)an

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)