FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

未明のパリから夜のパリまでエトランジェに優しい芸術の都よ

Tour Eiffel douceこの十年、夢に現に恋いこがれた、パリに到着。

初めて到着した時に驚いたっけ、シャルルドゴールの柱の少ない床の薄い建物が懐かしい。

そこはかとないパフュームの香り。

薫ちゃんが迎えにきてくれた。胸がかっと熱くなる。離れていても心はこんなにすぐに寄り添う。時間や距離なんて人生にとって本当に些細な要素だ。
DSCN4055ホテルに荷を置いて未明のカフェで朝食。

もちろんカフェとクロワッサン!
DSCN4059夜行便最高!疲れ知らずに街に飛び出す。ただいまー!ただいま!と心が叫んでる。

オペラもモノプリも何もかも懐かしい。あちこち街を散策する。


DSCN4076そして、また、私たちの帰仏を待ちに待っていてくれた、トムちゃんのこれまた懐かしいアパルトマンにお邪魔する。

トムちゃん相変わらず優しくて、さりげないけどとびきり美味しい食事ととびきり美味しいワインを用意してくれていた。
Bonne vieille cuisine de maison公子さんがガイジンKと呼ぶ、心強い助っ人KTRも登場。

長い一日だったよ。
ホテルに帰ったら、も、バタンキュー……

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)