FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

たまきはる 国語うつくし うたびとも われも な居震る ともにネイティブ

IMG_0683演劇やっているから、調子に乗っているときばかりではない。むしろ深く沈み込んで、あがきも出来ない時がある。

何日か悩んだ朝、フランスの生活を思い出して、米粉のクレープを焼いてみた(米粉とオーガニックの小麦粉半々卵塩水)。この美しく焼き上がったのが私を俄然励ました。

このマイナスのときがチャンスなんだという事を嫌と言うほど思い知っている。そんな気になれなくても、出かけてさえ行けば!そこが劇場で良質なものが上演されていれば、答えは自分の中に必ず見つかる。

アゴラ劇場に、我らがZABADAK吉良知彦さん、小峰公子さんと「あなんじゅぱす」ひらたよーこさんのライブ。「KOKO-YOKO-TOKO CHANEL @アゴラ劇場」。

日本語の美しさを堪能。

IMG_0686山に吹く風のように、満ちて引く波のように、現代詩を、言霊を頼りに音楽に乗せていくと音楽は語りになる。語りは音楽になる。ああ、日本語美しい!日本語大好き!私の言葉!日本語の美しい旋律よ!

何だか燃えて、また飲み会に参加してしまった。打ち上げ感は私にもあった。これからも追いかけよう。

捨てたもんじゃない。私のやろうとしてる事、捨てたもんじゃない。

これは、アゴラ劇場の『第一回こまばアゴラ映画祭』の開幕イベントだった。そのまま、映画を拝見。

【映画祭前夜祭】≪劇場支援会員限定・特別試写≫『歓待』(96分/HD) ※英語字幕付 監督:深田晃司

これがまた、今の私にピッタシの背中押しだった。ささやかな生活はそのまま世界に繋がってる。私たちは一人じゃない。そしてたくさんの中で自分をくっきり持ち続けること。

やだ、これ、いつも授業で話してる事じゃないの。

小峰公子さんの記事
ひらたよーこさんの記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)