FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

料理作りながら洗濯しながら仕事しながら「ながら非戦」の私のもとに高江からの便り

ツイッターとユーストリームで、今までは探しに行かなければいけなかった情報と言うものが、アンテナさえっ張っていれば、向こうから飛び込んでくるようになった。

そんななか、私の非戦友達が今、高江に行っています。
オキナワの今をレポートしてもらいます。

ライブ中継は非人道的な行為への見張りの眼です。
見つめるだけで力になります。
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi4
http://www.ustream.tv/channel/高江の現状

ーーーーー
■2月某日■
朝、5時10分起床。N1に車で移動。オニギリをひとつ持つ。

只今6時32分。あと30分で防衛局が来るとYさん。工事を入札した東開発の下請け北勝建設の作業員は(16歳とか17歳とか若い)作業をサボタージュしがちになっているらしい。女性の説得がだんだん効いてきているらしいのだ。一昨日、北勝建設じゃない臨時作業員が入り、その人たちは暴力的に煽ってきたらしい。Yさんが議員を通して抗議したらしい。

7時36分。ミーティング。Yさん。Iさん。Sさん。新たに来た人は私を含めて10人。
大阪から、八王子から、国立から。

7時40分。作業員達はやはりとても若い。子供って言っていいくらい。
作業車の横に一橋大学院生と張り付く。そこを離れられなくてよく分からなかったが、後方のバリケードが突破されて中に入られた模様。防衛局にIさんが抗議。防衛局の部長がヒステリックに声を張り上げる。だだっ子のよう。

防衛局は何も説明しない。死んだような目。この人らの給料は税金か。。。
只今、11時。中では土嚢を運ぶ作業が続く。作業員はかけ声を挙げながら遊びのようにリレー作業をしている。子供のような子たちが、遊びのように破壊に加担している。

防衛局員は道路の反対側を行ったり来たり。ゆるい坂道なので、ウォーキングになって健康には良さそう。天気は最高。空気も良い。が、彼らの心の健康は損なわれている。話しかけても頑なに黙り込んでいる人も多い。

中に座り込んだ人を強制的に排除しようとする作業員をただ見ている防衛局員。ひとりを捕まえて、なぜ平気で彼らにああいうことをやらせるのか?大義名分があるなら教えてくれと言い続けるが目も合わせずに逃げる。10代の子にあんなことさせて、誰かに怪我させたら親御さんにどう説明するのか?なんでただ見ているのか?止めないのなら、やらせているのと同じじゃないか?と、たたみこんでも何も答えず、黙り込む。

12時。休憩。休憩後に土嚢を運ぶ作業か?東京から大学生が7名来た。
ひとり演劇やってる明大生がいた。井上ひさしさんの大ファンだと。
休憩中に木登り蜥蜴を捕まえた人にそばで見せてもらう。緑の体で横腹がブルーの線になっている。天然記念物らしい。綺麗で愛らしい。黒揚げ羽蝶も頻繁に見かける。朝はウグイスと山鳩の声。

13時50分。防衛局と作業員と向き合うが、膠着状態。中に入った作業員が一昨日降ろした土嚢を運ぶ。ビニールヒモをライターの火で切っている。藪で火を使うことを許可しているかと防衛局員に聞くが無視される。
作業車に2人トラックに1人乗った。

14時膠着状態。

14時50分まだ膠着状態。

暇なので、しまらっきょのおいしい漬け方、調理方法を隣のおばさんに教わる。天ぷらが美味いと。うん。美味しそう。買っていってやってみよ。

15時15分。トラックと作業車に乗っていた作業員3人が降りた。
防衛局員が土嚢からバラけた石を拾い集めて袋に戻している。
坂手さんがメールしてくれていたNさんに会う。彼女が東京から大学生を6人連れて来たのね。

15時40分。土嚢が破れ、バラけていた石とゴミを中で集めている。今日はこれで終わりか?新たな土嚢をトラックと作業車から降ろすのは阻止出来たよう。
明日、明後日は土日だが、油断は出来ないみたい。
皆、地べたに座って休憩をしている。休憩が段々と長くなる。日差しも強いし、アスファルトにずっと立っているのは結構つらい。時々ストレッチしながらじゃないと私もつらい。若い子らはいいが、60代70代も結構いらっしゃる。長くやるのはさぞ大変だろう。これは日本全体の問題なのに少数で最前線で闘う彼らに頭が下がる。
上関の人たちも。

16時。作業員も防衛局員も引き揚げて行く。
しかし、3月は作業をしないという言質は取れていない。約束してもらわないと安心出来ないだろう。不意打ちがありそうである。

16時30分。玉城デニー衆議院議員が来る。防衛局部長と話している。Yさんとも。

17時終了。ミーティングで玉城デニー議員の話。頑張って国会で訴えて欲しい。

■やんばるの森■
昨晩は着くのが遅くて、今朝はまだ暗かったから、トタン小屋から現場までの景色を見れていなかった。帰りに車から見た、あの森の深くて広いこと。まるで地平線のように森平線がある。あの森が残っているのは、もしかしたら北部訓練所があるからなのか?早くに返還されていたら、バカな日本人は壊してしまったかもしれないとも思ってしまった。

ベトナム戦争時に枯れ葉剤の実験場にされたという疑惑があるそうだ。あの森の40%弱ががアメリカのもの?今日の現場もアメリカのもの(協定区域内)だから、道路から中に入ったところで何か起きても、日本の警察の管轄外。何か起きたらMPの管轄になる。今日も中に座り込んだ人たちと作業員が揉めた時に防衛局員がどこかにTELしたら、アメリカ人が来た。ラフな格好の白人。何があったか分からなかったが、MPではなかったようだ。もしかしたら、MPの中の公安みたいな部署の人かもしれないと、高江の人は言っていた。

本当に様々な人が参加している。水木さん好みの男の子が沢山いるよ~。

月曜日がお互いに一番、気合いが入ってしまう日になる。日曜日はまだわからないが、もし暇になったら散策をしよう。

(以上)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)