FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

スペース・ターミナル・ケア

紀伊国屋劇場に俳優座公演「スペース・ターミナル・ケア」を見に行く。 同じ題材を扱っても、坂手氏の手にかかるとこうまで洗練された社会派のドラマになるんだ。栗山さん、完成されてるなあ。と、感心ばかりしながら観た。 どうしても「鳥の眼」と勝手にリンクさせて見てしまう。 状況や登場人物のキャラクターさえも。 原子核クラブ員に会う。なんだか不思議な気持ち。 栗山民也氏にも会う。 巨匠に、時の流れを忘れて昔のように縦握手してしまう。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)