FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

またいきなり私の春が始まりました。

本当にやっと4月を迎えた感じです。 忙しかった。 生協に入って食生活をコントロールしはじめ…ま、及びませんが、少しでも、ネ?
韓国に行くジュリを成田エクスプレスに乗せ、
そしていよいよ風琴工房「hg」稽古が始まりました。 私たち玄海有明の幸に支えられて育った者には忘れられない「水俣」のあの時と今を描きます。 台本受け取って、本当に鳥肌が立った。 私より若い詩森さんが、よく志高く描いたな、と感動しました。 私も今台本と格闘中。刺激になるわぁ。
小道具のポプリ、今はダミーですが、 この花々が本当に活き活きとした脇役となって、 命を見つめる登場人物たちを支えるでしょう。

重要なのは方言指導。 田上パルの田上さん。 親戚におるおる。こぎゃン人。
特に真剣なのは松岡さん。 彼女の演じる役が、私の妹に似ていていつもにやにやしてしまう。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)