FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2017年02月 1/1

私には、朝の四時が昨日と今日の間。

朝の4時という時間が好き。幼い頃、柱時計が四つ鳴ると、お百姓だった祖母がサササと起き出した。目を開けた私に「まだ寝とかんね」と囁いた。ズルをしておめざのチョコやガムを口に入れてまた眠る。当時の祖母と同じ世代になった。この芝居の稽古をしてると思い出に押しつぶされそうになる。センチでなく。あの時いた人がいない、という事実の意味がまだわからない。だから、現実を見るときの人の眼はキョトンとしてる。時間ない...

  • Comment 2
  • Trackback 0