こどもが初めて経験する感情に、おとなが寄り添って名前を付ける。みたいな仕事

いい天気です。風が気持ちいい朝。東京の夏っぽい。

加藤健一事務所 「If I Were You~こっちの身にもなってよ!~」のご案内しつこいですがご容赦ください。

台本を、夜暗記して朝検証する。それでも抜けたり。いちばん多いのは勘違いで理解してる箇所があって情けない。…コストパフォーマンス悪いけど、出来ることコツコツやるしかない。苦手だけど。

高瀬演出に手を引かれて、台本の台詞の間に閉じ込められたり、挟まって見えにくい感情の襞のところまで辿り着けそうな稽古の段階です。自分の持ってる想像力で感情を再現可能な楽譜に聞き書きするような稽古の時期。頼りになる私の実感を探します。

今朝は妙に「ヨーコちゃん」の事を思い出します。
母のいちばん下の妹のヨーコちゃんは叔母だけど、私にはずっと大きくならない妹のようでした。
ダウン症で生まれ、小児麻痺で左半身が不自由。
私のもうひとつの我が家であった祖母の家のお茶の間の奥で、終日座ってテレビを見ていました。

アトピーもあっていつも皮膚がガサガサしていたので、時々化粧品やお湯で拭いてあげると気持ち良さそうにしてました。高校生まで別居ではあったけど一緒に暮らしました。

思春期の頃、私の感情には名前がなかったように思います。「感情」というのは本やテレビや漫画の中にしか感じられず、私の心は一個の大きなモヤモヤしたものが形を変えたり濃淡になって移動しているような。自分がつまらない石ころのようでもあり、とんでもない怪物のようで恐ろしくもあり…。

ある日、ヨーコちゃんの顔を拭いていたら、K伯母が「きいちゃん(私の幼ニックネーム)は優しいね」と言ってくれた。私にはすごいショックでした。タオルを持ったまましばらく考えました。ヨーコちゃんの顔を拭きたいと思ったときいやその前かな後かな?グググッと何かが動く気がして。それを「優しさ」と呼ぶのかな?ドラマや何かで見る優しさとは随分違う感じ。

やがてヨーコちゃんは熊本の施設に行く事になりました。
何も知らずにいつものとぼけた表情で町の職員さんの車に乗るヨーコちゃん。

私は何か凶暴な衝動が起きて、職員さんの車のタイヤを蹴りました。
職員さんはしばらく私を見ていました。
私も見つかったので怖くなってじっとしていました。
職員さんは「ミズキちゃんも一緒に行かんね?」と私を車に誘います。
それで私は着の身着のまま遥か天草の施設まで送りに行く事になったのです。
職員さんには私の気持ちがわかったんですね。

あのタイヤを蹴った私の衝動、あの時私が私の気持ちに「悲しみ」と名付けて、泣いて別れを惜しんでいたらもっと私の心は平和だったと思うんです。おとなが、寄り添って、子どもが全く新しく経験する気持ちを理解する事。洗脳やコントロールではなく、その気持ちに芸術的な名前を付けてあげること。「悲しいのね?辛いね」「優しいのね?いい子ね」「悩んでるのね?苦しいね」…言葉でなくても。

そんな役割が演劇にもあると思うんです。

少なくとも少女の頃の私には必要な事でした。今でも感謝しています。もう演劇でしかご恩は返せないけど。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「If I Were You~こっちの身にもなってよ!~」とは本当に不思議なタイトルだなあ。

知ってる人には有名な事ですが、私はどんくさいんです。

段取りとか覚えるのが超遅い。「迷惑女優」とスタッフさんにもちろん愛情こめて呼ばれます。私の段取りの悪さで稽古がスムーズに運ばない。私は恥ずかしくて顔から一汗を吹き出して稽古してます。


だいたい、人の五倍かかる。

私の不器用さは思い込みの強さと頭の固さから来るな。と、分析は出来る。稽古場で台本分析以外の分析は役に立たない。


今日は久しぶりの稽古休み。道学先生のワークショップでヴォイスレッスンをやる前後、喫茶店やファミレスを彷徨って、歩いて歩いて科白を身体に叩き込む。役の思考回路と自分のを繋ぐ。本当に孤独な作業だ。誰も代わりに覚えてくれない。誰も役の「体感」を与えてくれない。この時期の俳優たちがみんな知っている淋しい淋しい稽古が進む中のこの季節。

「そんなこと言っていつもミズキさん、結局入るじゃないですか?」と、昨日もやはり別の芝居の稽古中のみやなおこに励まされた。私の弱音、吐かれなれてるなあ。

でも毎回毎回、今度こそダメかもという恐怖に背中押されて覚えてるんです。皮肉にも役の台詞が入ってくるのは、こういう時。役の人間の弱さと私の弱さが重なる時、初めて役が温かく私を包んでくれる。

「If I Were You~こっちの身にもなってよ!~」とは本当に不思議なタイトルだなあ。

さあ、また、これから近所をぐるぐる回って来ます。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

台風上陸。戦争なんか行ったら家族は守れない。そんな国なんだ日本は。

20140710110224970.jpg台風が来ている。
本当に怖い。

小学校低学年の時、それはそれは恐ろしい思いをした。

玄関が空いて黒いゴム合羽を来た近所のおじさんが父を迎えに来た。

雨戸に守られていた我が家の、突然開いた玄関のドアの向こうの轟音と横殴りの雨!「土嚢ば積みに!」

父も合羽を着て出て行った。近所の中学生のお兄ちゃんも出て行った。(父はお洒落だったので近所の人たちと違う色の合羽を持っていた)

風にあおられながら遠ざかる黒い合羽の人たちの中の、父のベージュの合羽。

母は「気をつけてね気をつけてね!」と叫んでいた。

私たち三姉妹は「父ちゃん父ちゃん」とギャン泣き状態で母や祖母にしがみついていた。こどもは親が怯えること程怖いことはない。

こどもは親が怯えるのが本当に怖い。

次の大きな台風の時。庭のソテツの木が風に煽られて折れそうになったので暴風雨の中、父が合羽を着てソテツの葉をロープで縛りに出て行った。

雨戸の隙間から見ていた幼い妹が突然

「父ちゃんが死ぬ!父ちゃんが死ぬ!父ちゃん!父ちゃん!」

と叫んで飛び出して行きそうになった。台風+合羽=危険信号がトラウマになってたんだ。

少し大人になっていた私はしっかり妹を押さえながらそれでも本当に怖くて少し泣いた。

妹の恐怖の声が怖かった。今も蘇る。台風は怖い。

ツアーなどで散歩していて川端に土嚢が積んであるのを見ると、どんなお父さんたちが積んだんだろうと思う。地域をしっかり守ってくれるお父ちゃんやおじちゃんお兄ちゃんたちがいる故郷は安全だな。と思う。

戦争中、お父さんやお兄ちゃんがいない時、お母さんやおばちゃんたちはどうやって故郷を守ったんだ?
「気をつけてね気をつけてね」という若かった母の、今になってわかるのだが、普通を装っても怯えた声。

今日の空はまだ青空も見える。雲が飛んでくスピードが半端ない。来るぞ来るぞ!

日本は本当に大変だ。お父さんには家にいて欲しい。お兄ちゃんも勉強してこの天災から守る智恵を探して欲しい。戦争なんか行ったら家族は守れない。そんな国なんだ日本は。


科白入れの間に想い出を書きました。本当に本当に記憶力が低下していて、毎回怖い。台風くらい怖い。

家族のお芝居なので色々思い出すことがあります。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

明日から、いわば身体的読み合わせが始まる?

加藤健一事務所に通う毎日が始まった。
古巣と言ったら失礼かな?
帰るたびに新しい発見がある。こちらも進化していないと帰れない。
古巣は急流の浮き島みたいだ。

飛び乗れっ!

「If I Were You~こっちの身にもなってよ!~」

の今日が最後の読み稽古。
明日から立ち稽古。

作者のアラン・エイクボーンは舞台監督の出身。舞台の仕掛けや演劇マジックを使った時間の切り取りも大きな見どころだ。立って動かなきゃわからないシーン、「タブロー(絵)」で見せるシーンがたくさんある。

いわば身体的読み合わせが始まるってところかな?

ちょっといい話的コメディと見せかけて、この芝居、ぐいぐい人の心に入っていって、その影にぴかっと照明をあてる。

ひとりで台本読んだだけではわからなかった。あまりにもあっけらかんと描かれていて、それが影だなんて気付かなかったんだ。高瀬さんの話を聞いて何度もはっとする。人の痛みに鈍感な私が恥ずかしくなる。

「だから面白いでしょ?」
と、いたずらっぽく笑う高瀬さんの企みに付いて行きたい追いつきたい。

隣で淡々と読み進む加藤さん頼もしい……。

公演情報はこちらです


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |   |  page top ↑

加藤健一事務所公演 「If I Were You こっちの身にもなってよ!」公演情報です。

90-1.jpg加藤健一事務所 vol.90
If I Were You
こっちの身にもなってよ!


【作】 アラン・エイクボーン
【訳】 小田島恒志 小田島則子
【演出】 髙瀬久男

Cast
加藤健一 西山水木 加藤忍
石橋徹郎(文学座) 松村泰一郎(Studio Life)

2014年
8月9日(土)~24日(日)
下北沢・本多劇場


sc0005119c_20140703015717d2d.jpg★チケット★(全席指定・税込)
 前売:5,400円(税別5,000円+消費税400円)
 当日:5,940円(税別5,500円+消費税440円)
 高校生割引:2,700円(税別2,500円+消費税200円)(学生証提示・当日のみ)
チケットのお申し込みは
http://form1.fc2.com/form/?id=752820

西山水木のブログ http://nishiyamamizuki.blog79.fc2.com/
加藤健一事務所 http://homepage2.nifty.com/katoken/90-index.html

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「空の村号」トリプルキャストのお母さんで、いよいよツアーが始まります

「空の村号」初日は福島からです。
トリプルキャストのお母さんのひとりとして伺います。
よろしくお願いいたします。

7/4(金)19:00
福島市・福島テルサ
会費制
福島市子ども劇場連絡会 (024)558-0066

震災後の演劇を考える児童・青少年演劇 
ドラマリーディング「空の村号」
第48回(2012年度)斎田喬戯曲賞受賞作品

soraomote_20140702233523080.jpg
作:篠原久美子
演出:関根信一
音楽:菊池大成、松田怜
舞台監督:中島幸平

出演:
空:クラウンYAMA、
海、他:渋沢やこ、
お父さん、他:高坂諭、
お母さん、他:西山水木/洪美玉/明樹由佳
ピアノ演奏:菊池大成/松田玲/浅岡みほり

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS