プロダクションワークショップ参加者募集!『The Children’s Hour 子供の時間』 作/リリアン・ヘルマン 演出/西山水木

The Children’s Hour −子供の時間−
作/リリアン・ヘルマン
演出/西山水木

[プロダクション・ワ−クショップ]参加メンバー募集!

2013シーズンから、ワークショップをかさねあらたな舞台表現を探求し、自由な劇空間 隅田川左岸近泉ピットで上演する tpt は新しいプロジェクトをスタートしました。

6月『ダンシング アット ルーナサ』8月『天守物語』!0月『小市民の結婚式』12月『Angels in America』。に続き、2014年春上演(予定)リリアン・ヘルマン作 西山水木演出『The Children’s Hour』のワ−クショップの参加メンバーを募集します。

『The Children’s Hour 子供の時間』
作/リリアン・ヘルマン 演出/西山水木
10月4日(金)〜10月10日(木)
(参加スケジュールについては、全日でない方も参加可能です。一コマだって可能です。料金スケジュール等、是非お問い合わせ下さい。)

◎エクササイズ
呼吸・歩く・シアターゲーム・即興などのエクササイズ
◎テキストワーク
テキストを“読む”。分析、解釈、ディスカッション。
◎シーンスタディ
真に生きているシーンを立ち上げる。

クラス:昼2pm〜5pm夜6pm〜9pm (各女優10名 男優5名)
【参加費】 30,000円(テキスト代込み)

『The Children’s Hour –子供の時間—』
親友同士のカレンとマーサは、共同で女学校を経営していた。カレンにはジョーという婚約者がいたが、不満分子の女生徒マリーが学校を出て祖母に、二人はレズビアンの関係だと、告げてしまう。それはすぐに町中の問題となり、平穏だった暮らしは次第に崩壊していく。“嘘”から暴かれる社会の闇と暴力、キャリア、人生の破滅。1934年ブロードウェイで世界初演、2年を超えるロングラン。1961年ウィリアム・ワイラー監督、シャーリー・マクレーン、オードリー・ヘップバーン主演で映画化(邦題「噂の二人」)。

【申込方法】
 tpt HP( http://www.tpt.co.jp/ )より、申込書をダウンロードの上、 メール( workshop@tpt.co.jp )
またはFAXにてお申し込みください。

【お問合せ】 tpt (シアタープロジェクト・東京)
135−0007東京都江東区新大橋1—12—11近泉ビル3F   
tel 03−3635−6355
fax 03−3634−1352

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

失う、って、決して過去にはならない。失う、って失い続ける、ってことなんだ。


台風の轟音の中、舞台声で、+シャルキィロマ「私を置いていって」の稽古する。もんじゅの立ち往生や1Fの汚染水放出、気をもみながら。怒りに震えたり、不安に怯えたり。でも、今出来る事は芝居しかない。

夜は、「しもきたなみえ」の稽古。作家の三原由紀子さん。女優で参加の瀬戸山美咲さんと三人稽古で、台本について話し合いながら。

長かったラ・カンパニー・アン時代蒐集した、膨大なSEのネタを持っている。幕開きの波音を決めたくて三原さんに「浪江の海の音ってどんなの?」と訪ねながら音を探し始めて、すぐに胸が詰まって誤摩化して止めてしまった。

「海」に育まれたひとたちから海が奪われてる。今も奪われ続けてる。

失う、って、決して過去にはならない。失う、って失い続ける、ってことなんだ。
「失う」一番最初の瞬間はすでに失っている時。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

手帳がごちゃごちゃになってきた。きちんとしよう。きちんと。

IMG_6458「The Ring Wondering's Ring」のセリフにうなされながら、今日は大切な打ち合わせがあった。

2015年1月末からの企画。私が脚本と演出を担当する。心躍る企画。話来たとき嬉し泣きしちゃったもんね。キャスティングが続いていたが、今日やっとメドが立った。

しかし台本のアイデアはプロデューサーに首を傾げられてしまった。プレゼン力もっと鍛えたい。

脳の仕組みを変えないといけないと思う。打ち合わせやそれからヴォイスや演技のレッスン、何回かオーディションワークショップもある。手帳がごちゃごちゃになってきたので、今シーズン向けに買い替えた。きちんとしよう。きちんと。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

一日1回灯油を入れる。面倒くさいけど、昭和の頃は1日1回柱時計のネジも巻いた

IMG_0647このストーブを買ったのは、
2011年2月。

丁度、上関原発の工事に反対していた頃。まだその頃は原発がないと電気が足りなくなる、という事が信じられていた時代だったので、どこまで節電エコに暮らすか挑戦している最中だった。

昭和風の家に引っ越して、あまりの寒さに悲鳴を上げた。

アラジンストーブは点けて三十分くらいから家中がぽかぽかに暖まって来る。メンテナンスとかちょっと面倒くさかったけど、可愛がり甲斐があった。

近くの燃料屋さんが偶然アラジン職人さんで、日頃の使い方とか教えてくれた。

大事に使いなさいよ。

って言われた。大体一日1回灯油を入れる。面倒くさいけど、昭和の頃は1日1回柱時計のネジも巻いたっけ。子どもには巻かせてもらえなかった。ぽこぽこ灯油をつぎながら、灯油の減りにも敏感になった。

それから震災が起きた。それから放射能の恐怖。地震酔いで二週間寝たり起きたり…。しばらく、このストーブが原子炉に見えたっけ。

ま、そんなこんなを一緒に過ごしたアラジンくんが、めでたくシャルキィロマ・ハッカイさんのもとに嫁いでいった(君づけなのに)。今いるとこが灯油禁止なのだ。

ジャズばかり聞いていたアラジンくん。これからは猫ちゃんたちとジプシー音楽を聴いて過ごすのかな。ご家族の幸せ護ってね。

記事書いている最中に渡邊博海さんからお礼のメールをいただいた。さあ、22日19時からシャルキイロマとのコラボ「わたしを置いていって」−The Ring Wondering's Ring- 芝居部分のひとりぼっち稽古頑張る〜。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

生き抜くための想像力を駆使して描く未来の方が科学的で現実的である

シャルキィロマとの公演まであと二週間(9/22)、写真は母から貰ったセリフ覚えのためにうろつく時の手作りバッグ。

科学者がデータを組み合わせて占う未来より、小説家が生き抜くための想像力を駆使して描く未来の方が科学的で現実的であると言った評論家がいた。大友克洋さんがアキラで予言していたように。2020年の東京(ネオトウキョウ?)オリンピック開催が決まった。

私の事でびっくりしたのは、7年後、が全くイメージできないのだ。東電F1はどうなっているのか?近々起こるという大きな地震はどうなるのか。今や熱帯雨林と化した夏の東京で、ゲリラ豪雨や雷、竜巻もその頃にはコントロールされているのだろうか。交通をずたずたにするのは天災ばかりではなく、一日に二度会う事も珍しくなくなった人身事故で突然止まる電車。安倍首相は素晴らしい約束と保証をしてくれたけど、7年後にはどこでどうしているつもりだろうか?

世界の人は見るだろうか。官邸前に集う人達の姿。署名を呼びかける人達。励ましに行った被災地で何を見るだろうか?7月24日開会式を挟んで各地で行われる空襲の犠牲者の慰霊。広島の原爆記念日。閉会は長崎の原爆記念日。鎮魂の日々だ。きっと平行して様々なイベントや芸術祭も行われるだろう。国境を越えた友情がもっともっと広がって欲しい。

今日の午後から、はっきり予定の決まっている2015年の2月まで、この先の事をもう一度整理してみようか。
いや、やめとこう、今はひたすら科白を覚えて、脳が稽古の想像力に耐えられるようにする毎日。

ぽつぽつとでも、自分の口から自然な流れで言葉が生まれ出てくる時の幸せな気持ち。

夜は「しもきたなみえ」(9/29)の稽古が始まる。これも楽しみだ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

プレッシャーって言うのは本当に怖い。ふるやもりみたいにこわい。

36de61c417af11e393d522000a1fab54_7今知りたいのは狂気そのものじゃなくて、一体狂気はどう描かれているのかな?って知りたくなってこの二作品を見てみました。

映像はいいなあ。リズムや仕掛けやシャレードが存分に使える。舞台の場合多少おかしくなっても安全が保証されているもんだから、観客の心の中にある観客の狂気への恐怖をどんだけ喚起するかって演出の手腕にかかってる。役者がひとりで格闘できる事ではない。

プレッシャーって言うのは本当に怖い。ふるやもりみたいにこわい。

高楊枝せずにみっともなくやっていこう。

9月22日のシャルキィロマとのジョイント。役者の私はすごく視野がが狭くなっちゃうので、甲斐博和監督に私の演技に関して、演出をお願いした。こういう場合でも演出って言うのかな?演出的監修というべきか、再び映像とのコラボの可能性も見えてきた。

本当にお楽しみに。朗読を超えて一人芝居の要素が増えて、それで私も四苦八苦しているんです。

同時に9月29日の下北沢のイベントSHIMOKITA VOICE 2013の稽古が明日から始まる。三原由紀子さんの素晴らしい短歌の世界を介して、福島県の浪江町と、東京の下北沢にふるさとのすがたを探します。そのタイトルも「しもきたなみえ」。

そしてそして、25日と27日、来年春にTPTで演出する「The Children's Hour」のオーディションワークショップに先駆けて台本研究のための本読み会。(情報はまだでていませんが、TPTにお問い合わせ下さい)

ヴォイスの個人レッスンも新しいメニューが加わりました。ではまたセリフ覚えに入ります。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS