スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

本当に土佐の女ごは明るくて、しっかりしていて…、楽しい

IMG_3867街を憲法市電が走る。
さすがは土佐!平和運動も気合いが違うなあ。

IMG_3882終演後、交流会。
ご馳走をいただく。

もちろんタタキも。

食べて飲んで、忌憚のない意見の交換。好評にほっとする。好評と信じて自信もあるのだが、お客様から生の声を聞くと飛び上がりたいほど嬉しい。

しかし土佐のハチキンとはよく言ったなあ。本当に土佐の女ごは明るくて、しっかりしていて…、楽しい。

今こうしてブログ書いていても、ニンニクが自分からプンプン臭う。明日元気になあれ!
悩みを抱えて訪れる事が多かった、高知。
今回は晴れ晴れと、迷いはない。

脱原発。沖縄。憲法をめぐる問題。
瓦礫の問題。

これは悩みではない。迷いではない。
やるべき事ははっきり見えている。

雨が心配。こんな災害の多い国で次々動き始めようとする原発。
絶対に止めないと。生きているうちに…。
スポンサーサイト

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

あの時家族で歩いた路を歩いて劇場へ向かう@松山

IMG_3794朝、窓の外から「ぽっぽ~」と可愛らしい音がする。
坊ちゃん列車の走る、文芸の香り高い街「松山」に入った。

昔、この街に家族旅行に来た。両親と妹。父にモンペをかってもらったっけ。
あの時家族で歩いた路を歩いて劇場へ向かう。

四国の過去のツアー日記がある。私って成長しないなあ。
http://heiwana.jugem.jp/?month=200611


IMG_3806終演後、タクシーに飛び乗って道後温泉へ。

いいお湯だ。

出たら激しい睡魔…。バタンキューだな。
本当にいいお湯。




□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

物理学は自然から学んで人の生き方を自然に近づけるための学問なんだよ

IMG_3756岡山県里庄公演。
何しろ仁科博士の故郷。仁科会館のある町。博士ゆかりの方もいらっしゃる。

これほど科学者の方に見ていただいた芝居もないんじゃなかろうか?

そしてはるばる佐賀県から香川県から、倉敷から、たくさんの方に来ていただきました。
ありがとうございました。


411905_245507652233047_1655680862_o-1IMG_3760

facebookで知り合った大坪さん。
そして、私が大尊敬している豊島耕一センセイ。佐賀大学の理工学部の教授、豊島耕一先生は、九州の脱原発運動の頭脳だ。私が感情的に気分で発言するとやんわり止めて、言い換えて下さる。

本当に今日お会いできて嬉しかった。
IMG_3776それにしても美しい町。

フランスに長く滞在した時、トシのところに通って、物理と哲学について丁寧に教えてもらっていたことがある。「超弦理論」が人間の生き方をどう変えたか。
「物理学は自然から学んで人の生き方を自然に近づけるための学問なんだよ」
「物理が進化すると人間は自然とより調和できる。それは人の幸福にとって大切な事」
里庄の風の中にトシの優しい声が蘇る…。

IMG_3773豊島先生にお会いした時、先生の後ろにたくさんの魂を感じた。
科学者を前に、もしかしたら失礼な言い草でしょうか?


夕暮れの里庄を後に、再び瀬戸内海を渡って、松山へ向かう。バスの旅は楽しいなあ。

演劇を始めたばかりの頃、小さなキャラバンバスで日本中の学校を廻った。幸せな想い出…。
IMG_3779IMG_3782IMG_3784IMG_3786




□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

胃が、うどんの形になっているので、うどん、と、おでん。

IMG_3731鳴門の皆さんに見送っていただき、バスに乗って一路岡山県里庄公演へ。
今日は役者は乗り日。スタッフさんたちは前仕込み。お疲れ様です。

島影美しい瀬戸内海をびゅんびゅん渡っていく。
大きな橋。
人間てこんな事出来るんだ!今の危機も絶対切り抜けられる!!縋るようにそう考える。
IMG_3737IMG_3740

IMG_3742IMG_3744
里庄の隣町、笠岡に宿泊。
夏らしい景色の街をぶらぶら。
胃が、うどんの形になっているので、うどん、と、おでん。
美味しかったです。

佐賀から母が来た。二人でゆっくり過ごす。

IMG_3748「この子たちの夏」の佐賀県鹿島公演のお知らせを受け取る。
たくさんの方に見ていただきたい。




□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

消えていくものを作り続けるこの仕事の者にとってこれ以上の事はない@鳴門

IMG_3709鳴門へ向かう。

二両編成の可愛い電車で単線。
両側にハス畑が。チラホラと花が咲き始めている。満開はさぞ美しいだろうなあ。

IMG_3710到着したら、皆さんで横断幕でのお迎え。

一気にモチベーションが上がる。

IMG_3711皆でチーズ。

IMG_3712お迎えにいらした方の車でホテルまで送っていただいたのだが、トランクに普通に太鼓が積んであるのに感激した。
今日はこれから阿波踊りの練習なのだそうだ。

故郷に文化がある、伝統があるというのは、住む人の幸せにとって大切な事だと思う。
大阪ではそれを切り捨てようとする動き。やり方がおろかすぎる。

怒りを鎮めつつ
IMG_3717食事をして川沿いの遊歩道を歩き、劇場へ向かう。
いつもの路が日本中にある。

IMG_3719IMG_3720

IMG_3793そして、カワチが見に来てくれた。
嬉しいね。

芝居を見てもらえる。
消えていくものを作り続けるこの仕事の者にとってこれ以上の事はない。
ありがとう!





□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

自慢じゃないけど、この芝居の公演中はたくさんの物理学の朗報が届く@徳島

自慢じゃないけど、この芝居の公演中はたくさんの物理学の朗報が届く。
ノーベル賞の受賞からはじまって、七年もやったらメンバーもいっぱしの知識がある。

旅の朝の食卓に大きなニュースが飛び込んで、皆でしばし盛り上がる。
IMG_3690IMG_3691IMG_3694


物理学上の発見と言うのもは宇宙自然界の中に予め用意されていて、
たまたまそれに出会った人がその栄誉に浴する、という科白がある。

しかしそのための努力研鑽は並大抵のものではない。

物理学者のエッセイなど読むと、どんなに偉大な科学者でも、その真理に出会った人だけが感じる自然界への宗教的な畏敬と、人間らしい嫉妬が正直に書かれていて、ほっとする。

まあ、ひとしきりそれぞれがヒッグス粒子について解説し(この解説が役者っぽくマイムなどを交えそれぞれ個性的で面白いったらない)、聞き、しばらくは丸いものがすべてメタファーに見えてしまう。

夜は徳島名物「アン」にて交流会。
藍住に住んでいる高校の同級生、仲良しのカワチも美しく育ったお嬢さんを連れて来てくれて参加。
ありがとう。嬉しい!!
IMG_3699IMG_3700IMG_3701IMG_3702
彼女が徳島にお嫁に行った時には、離ればなれで悲しく、今度はいつ会えるの?とセンチになったが、何の事はない。四国公演の度に会う事が出来て友人たちの中では一番会っている方だと思う。

もてなし上手の徳島人に、すっかりくつろいでしまった。
ありがとうございました。
ごちそうさまでした。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お祭りで、コミュニケーション力を鍛えられているのだろう@徳島

IMG_3673「うちは蕎麦屋だよ!」というので、
再び 竹庵 へ。

なるほど本当に美味しい!

IMG_3675…と思っていたら次々と蕎麦関係がやって来る。

どうやら蕎麦セットだったらしい。

昼時で混んでいたにもかかわらず、大将とお弟子さんの丁寧な解説付きで。
味わってみれば、蕎麦にも多彩な味のグラデーションがあるのだ。

そば湯まで、贅沢に堪能。
しかも…すごく安かった。

いや、ウチの近くの普通の蕎麦屋よりは遥かに安い。

IMG_3678潮の香りのする美しい道を通って会館へ。

徳島のお客様は本当に察しがいい。お祭りで、コミュニケーション力を鍛えられているのだろう。県内のあちこちからいらしているにも関らず、受けやのりのタイミングがぴったり足並み揃って、やっている私たちの方がもてなされているようだった。

IMG_3683今日は、出演者の田中美央くんの誕生日。ダンスのパフォーマンスなどでも活躍してる彼は華麗に喜びの舞を披露してくれた。

おめでとう。この芝居中、七回、祝ったんだね。

IMG_3688さあ、このツアー、女は私と彼女だけだからね。

私のフォトに激しく登場する事になる小飯塚貴世江ちゃん。

終演後。
ツイッターで私が徳島にいると知ってくれた池田成志クンから紹介された

釜揚げうどんの「千力」へ。

見てくださいこの薬味一人前、これをどさっとだし汁に入れて、麺に絡めて食べる美味しさ。
麺もツルシコで美味しいのなんの。二人で三人前をペロリ、薄味のお汁も残さず…

ナルシー、ありがとう。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雨上がりの徳島の風は安全で安心な南国の密度

IMG_3658また旅が始まった。

旅が私の故郷。おお、きざ。

新幹線とジェット機が大好き。駅や飛行場が大好き。

IMG_3660色んな想い出がある。
交流会のカラオケで誰かが阿波踊りをかけると徳島の方々が一斉に踊りだした。
内気なお嬢さんも、むっつり頑固そうなおじさんも。
自然に踊りだした。

乗れない私が悔し恥ずかしかった。

IMG_3666必ず行くうどん屋さんに直行。
なつかしいおじさんが「うちは実はそば屋なんや」と言うのでびっくり。

今では古参のこの店ができたての頃、鎌倉の男の子と付き合ってて、長い旅の途中で、店に置いてある雑誌にそのコの実家が写ってた。お寺の境内で女性をめぐって反目し合っていた中原中也と小林秀雄がその下で仲直りしたというカイドウの木の記事。味覚の記憶は本当に不思議。それで徳島は鎌倉と繋がってる。まあそれも、この街に来て初めて思い出したこと。

素晴らしい月夜を歩いていたら携帯が鳴って、いいニュースを伝える。嬉しい、ありがとう。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「東京原子核クラブ」の東京公演がアクシデントも想定内のつつがなく終了

IMG_3652皆様、ありがとうございました。
あっという間に終わってしまいました。

親しみの中、客席が揺れるほど笑っていただいたり、劇場がこれほどに静かになるのだろうかというほどの静寂の中の物理学者の対峙。本当に私は果報者でございます。

さてツアーの始まりです。今回は四国のみ、名残惜しいほどの短さです。

7月4日 徳島/あわぎんホール
  5日    同上
  6日 鳴門/鳴門市文化会館
  8日 岡山県里庄町/里庄総合文化ホール フロイデ 大ホール
      → http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_blog_detail.php?sel_id=1663&sel_kada_kbn=0
  9日 松山/ひめぎんホール サブホール
 10日 高松/アルファあなぶきホール 小ホール
 11日    同上
 12日 高知/高知県民ホール オレンジ
 13日    同上
 14日    同上
 15日 須崎/須崎市民文化会館
 18日 宇都宮/総合文化センター メインホール
 23日 和光市/サンアゼリア 大ホール→ http://www.riken.jp/r-world/event/2012/haiyuza/index.html

リンクのあるステージは一般の方1000円でご覧になれます。
東京方面で見逃した方は是非、23日の和光市の理化学研究所公演にいらして下さい。
お申し込みは直に会館の方へどうぞ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。