「旭川市民劇場賞」名誉な賞をいただいた。 名誉はたいへん美味しい。

さあ、待ちに待った「東京原子核クラブ」稽古初日。
再演を重ね、稽古期間もぐっと短い。

演出の宮田慶子氏がいたずらっぽい眼をくるりをまわして、いきなり、場毎の通し稽古となる。

待ってました。
一年繋がれっぱなしの犬みたいに、皆で伸び伸びと演じる。
この爽快な幸福感…。

ま、そりゃ稽古なので、渡される課題は課題として、この悩む感じさえ待ってましたっ!って感じなの。

そしてこの作品は「旭川市民劇場賞」というたいへん名誉な賞をいただいた。
名誉はたいへん美味しい。

副賞の、山ほどの毛蟹、帆立、ウニをスタッフさんも役者も食べた食べた。
ありがとうございました。

初日が売り切れてしまった。皆様他の日にご都合あわせてぜひいらして下さい!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

集まる人たちも離れる人たちも演劇の掌の上(HOTSKY×明樹由佳「宴」

IMG_3496明樹と明樹のワークショップ、そしてホットスカイのコラボHOTSKY×明樹由佳 「宴(えん)」
を祖師ケ谷大蔵に。
明樹の事実上の再出発。

すごく居心地の良さそうな明樹らしい場所を見つけたな、と思った。
サンクチュアリは閉ざされるのではなく、垣根を低く駆け込み易く、ホットスカイ釘本光ちゃんと明樹のロマンがぴったりあった小作品だった。昼間見たのも良かったなあ。


IMG_3492私は再演を重ねて完成度を増して行く芝居作りが好きだ。こういう非劇場型の芝居を作るとき、何度も何度も試行錯誤して行くのがいいと思う。再演を睨んで色んな好き勝手な感想を述べた。集まる人たちも離れる人たちも演劇の掌の上。死なない限り別れはない。

見晴らしのいいカフェの庭園で手の届きそうなところに世田谷のゴミ焼却炉が瓦礫をバンバン燃やしているのが見える。何もかも、未来に支えられた私たちの今の命。煙に汚れて行く私も私の未来に眼を凝らす。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

あなたもどこかで、検証されないまま消えた記憶を渡されているのでは

IMG_3455本を読むのが遅い。頭もくるくるとは回らない。私は自分時差がある。自己時差ぼけもする。一人浦島。

ま、とにかく、少しづつ自分に課した宿題が、本当に少しづつ進んで行く。
増えてもいるんだけど…

本や資料、DVDにインターネット…いくつかの事が同時にバラバラに進む。
原子物理学の人たち。
健康の事。
日本の語り伝えられて来た伝説のこと。
福島の方の震災や放射能の話を聞いたり読んだり。
地面の下の事。
日本人の心の事。
家族の事。
料理の事。

IMG_3457バラバラなものがあるタイミングでひとつの物語のように繋がる時がある。

子どもの頃、長崎は遠かった。でも、法事や祭りなどで、かいま聞いた記憶にのこる大人たちの言葉がある。
幼かった私の好奇の眼にさえ口を閉ざしたあのひそひそ話。ささやきあう声。

被爆や低線量被曝に関する事。
「やっぱ原爆症やろか」
「そりゃ原爆症よ」

こそこそと、短い言葉で…。
言葉の少なさはお互いに了解している事項の多さであると今頃気付く。
検証されないまま消えて行った経験と記憶。たくさんの人の疑いと無念。

いま、被災の当時者の方々のお話を伺う時に、フッと重なる言葉がある。
二度の放射能の悲劇は今の日本人に伝わってはいない。
黙って逝ってしまった人たちの声が私の耳に残っている。
あの時、もしかしてあの人たちはわざと聞かせたのかも知れない。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

庭のあちこちに色濃い命の気配を感じる夏が来た

facebookやtwitterでは気軽に書いていたが、ここにはどうしようかとなかなか書けなかった。しかし、帯状疱疹が殆ど治って、体力が戻って来たので、まずは公演も近づいた事だし、元気に、また、始めよう。
IMG_3450
庭のあちこちに色濃い命の気配を感じる。
去年も顕著だったが、やはり今年は庭の草木の抵抗力がなくなっていて、害虫にやられまくっている。
ニームと木酢酸で丁寧に根気よく退治している。
小さな芋虫にたかられて庭木も可哀想だが、芋虫の方も必死で可哀想。忌避剤のアロマでご遠慮願うという消極さ。

猫可愛がりしているミントの葉に小さな小さなカマキリが「蟷螂です!」って感じでカマを振り上げていた。見渡すとそこいら中にいる。害虫喰ってくれ頼んだぞ~!長い地球の歴史の中で生き物が遭遇しなかった危険なものがそこいら中をあっちこっちへと吹き溜りながら移動している。同じ危機を共に乗り越える仲間のように私を励ます小さなものたちがいる。

私も誰かの力になれる命を抱えているはずだ。もっと使おう。

野田佳彦首相は8日夕、首相官邸で記者会見し、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働が必要だと明言した。「国民の生活を守るために再稼働すべきだというのが私の判断だ」と表明。

「生活」と「命」が同じ単語の国の人たちはこれをどう訳すのだろう?「生活」って「エコノミー」の事だっけ?

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS