FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2011年05月 1/1

大きな会館でもきめ細かく細かく演れば 小さな気持ちのさざ波も伝わるもんだ

俳優座劇場から、いきなり松本芸術会館の大ホールでは、演技のスタイル的に伝わるのか、激しく心配だった。ところが、劇場がいい。そして何より松本のお客様の理解の深さ。演劇は観客に励まされながら命を与える、とはオセロの時の平さんのコメントだが、まさにそんな感じ。よい劇場はよい観客を育て、よい演劇を作る。民度が上がり、元気な平和な街になる。IMG_1191 posted by (C)an今日は交流会。ちょっと、時間があったので会館...

  • Comment 0
  • Trackback 0

学校公演で初めて訪れた街 何度も来た街 変貌を見守った街

朝。みるみる空が晴れていく。空気がさらさらと乾いていく。山の近さに驚かされる。ホテルの朝の窓 posted by (C)an慣れたものに囲まれて暮らす。これが一番安全な暮し。空間を体が覚えて自意識が景色に溶け込んでいる。それが故郷。どうして捨ててしまうんだろう。この道を劇場へ通う posted by (C)anオサレな会館。中も外もかっこいい!洗濯機もたくさん。IMG_1187 posted by (C)an...

  • Comment 0
  • Trackback 0

松本は曇っていたけれど、山の気配にずっしりと守られている

さあ!旅初日です。前々から楽しみにしていた!松本には我らがラ・カンパニー・アンの舞台監督、清沢氏がいる。早速会いにきてくれた。ああ!うれしい。旅初日。新鮮な反応。しかし、懐かしい感覚。すべて去年から変わらず続いているようだ。しかし、その間になくしたものの大きさ……カーテンコールで、皆泣いた。お客様も泣いていた。温かい血の通った、人間の気持ちで、信じられる。ナクシタモノカエラナイモノシカシ ヤクソクサ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

かつてこの地球上で経験した事のないほどの巨大なエネルギーを手に入れるという事

初演のとき、私は無傷だった。 再演の時、手術の傷跡や、薬の副作用に苦しんだっけ。 そしてどんどん太りだし、ゆったり動きやすかった衣裳がパッツンパッツンになった。 先日衣裳合わせの時、去年より3キロもやせているのに、パッツンパッツン具合が変わらず、サイズじゃないところが痩せたのねショックの中、好評の再演がなんと6年目の夏にかかろうとしています。この公演の資料やテーマから西山は「月いづる邦」を書きました...

  • Comment 0
  • Trackback 0

もうすぐ会えるよ 会えたら訊きたい事ばかり 私たちの守護の女神になったRへ

素晴らしい天気。花々も放射能を知らず楽しげにそよいでる。昨夜、心配な知らせが届き午前中から動き回ったが、あらかた片付いてほっとした。同じ頃乳がんになって、早逝した、同期のアイドル、Rの命日。同期では恒例な行事だが、初めて参加した。参加できるようにやっと、なった。自分だけ助かった事が申し訳ないような気もするし、彼女が、守ってくれたのかな、と、虫のいい想像をする。自分が偶然生きているのだという事、生き...

  • Comment 0
  • Trackback 0

満開のツツジのに起きた 雨上がりの小さな異変が 私の杞憂だと信じさせて欲しい!

まず、この二つの写真を見て下さい。拡大してようく見て下さい。これは、5/11(水) 11:28に撮ったもの。降り始めた雨に濡れた、我が庭の今年初めての薔薇があまりにも美しくて。そしてこれは先程、庭にでてぞっとして撮影したもの。これが放射能雨のせいではないと誰か教えて下さい。心配性の私の杞憂だと笑って、自然界ではよく起こるこの仕組みを教えて下さい。誰に聞けばいいのだろうか?斑のアップ。これは去年の五月。...

  • Comment 3
  • Trackback 0

5年目の「東京原子核クラブ」の正しい戸惑い

体が覚えている。私は私の体を尊敬するよ。でも、習いで演じたくない。あまりにも重いテーマと、あまりにも楽しい稽古場。大爆笑。照れ笑い。微笑み。みんなニコニコと、スタンバイして、熱く演じているなあ。私たちのパワーの中心は二瓶さん。ユーモアたっぷり。いつも和みの風を吹かせて下さる。ユーモアと言えば、ここのところ毎晩のようにテヨとチャット。今日は音の3Dデザインについてレクチャーを受けた。面白い講義で、冗...

  • Comment 0
  • Trackback 0

人は来てよし 帰ってよし 集い 離れて ひとり またよし

明日からいよいよまた、「東京原子核クラブ」生活が始まる。早朝、ジュリとセリーヌはお大きな荷物を持って出かけていった。出かけるところすべてが故郷になる。だから、帰っていった。冒険は続く。日本劇作家協会の総会。総会後の飲み会。震災以降、劇作家は何を書くのか?……私は何をするのか?早めに帰って、台本見る。明日から東京原子核クラブ、再演の稽古だ。再演なんだけど、すべての言葉の意味は変わってしまった。台本がず...

  • Comment 0
  • Trackback 0

たくさんの人と同じように私も鎌倉が好き

素晴らしく晴れた日。鎌倉へ!その前に、お気に入りのラーメン屋さん。鰹ブイヨンの香り高い銘店へ。満足したかな?大混雑の街を抜けて大混雑の新宿から小田急で……。江ノ島。風が気持ちいい!これから恐るべき人ごみの江ノ島の弁天様へ。銭を洗うぞ~!三十分以上待って、ぎゅうぎゅうの江の電に乗る。明応地震(1498年)で最大15メートルの大津波が押し寄せた記録が残っている。その時大仏殿も倒壊したらしい。それからは長...

  • Comment 0
  • Trackback 0