FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

観客とのコラボレーションが演劇の最後の作業

木の皿以来の懐かしい加藤健一事務所。紀伊國屋ホールに「コラボレーション」を見て来た。コラボレーションとは、collaboration、協力、協調、共同制作(作品)の意味で、「コラボ」なんて略してよく使ってる言葉。でも同時に「敵への協力」なんて裏の意味もある。それをさらにさらに裏返って意味を感じ取れば、新しい調和へのヒントになるんじゃなかろうか?残された作品とその資料を伝手に、あの時代、あの人達の心の中に深く深...

料理作りながら洗濯しながら仕事しながら「ながら非戦」の私のもとに高江からの便り

ツイッターとユーストリームで、今までは探しに行かなければいけなかった情報と言うものが、アンテナさえっ張っていれば、向こうから飛び込んでくるようになった。そんななか、私の非戦友達が今、高江に行っています。オキナワの今をレポートしてもらいます。ライブ中継は非人道的な行為への見張りの眼です。見つめるだけで力になります。http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi4http://www.ustream.tv/channel/高江の現状ー...

たまきはる 国語うつくし うたびとも われも な居震る ともにネイティブ

演劇やっているから、調子に乗っているときばかりではない。むしろ深く沈み込んで、あがきも出来ない時がある。何日か悩んだ朝、フランスの生活を思い出して、米粉のクレープを焼いてみた(米粉とオーガニックの小麦粉半々卵塩水)。この美しく焼き上がったのが私を俄然励ました。このマイナスのときがチャンスなんだという事を嫌と言うほど思い知っている。そんな気になれなくても、出かけてさえ行けば!そこが劇場で良質なものが...

ひとは自分の中に閉じ込められて生まれてくる 成長で自由を獲得していく

娘や息子の世代がいよいよ台頭してきたっ!新しい形の、かなり大きな企画を持って、アトリエに集った若人たち。おっかあとしては、まずは、カレーか。ミュージシャンの神崎弘樹クン。衣裳のカッキー。制作のウーちゃん。暴走を諌めるつもりが、かなり意気に感じてあおってしまった。私の基準の保険や、ちょっとした大人のコツなんかものともしないだろう。どんどん大きくなってくれ!枷を外す力にはなれるかな?...

頭の中も身体の中も外の世界の続きだ 本当の内側とで人と人はつながっている

早起きして病院へ。健康診断と、ちょっと気になっていたところを診てもらう。私が私のペットなら、もっと細かく気にするだろうけど。私は私の野良猫みたい。捕まえて病院に送るのが一苦労。美しい病院で待ち時間も愉し。本を読んで、人を見て、景色を見て半日過ごす。カフェはこれから用がなくても来よう。頭の中も身体の中も外の世界の続きだ。人は外側で隔てられているが、内側はつながっている。と世阿弥が言った と聞いた。今...

たくさんの汚れやミネラルや他の命をのせて 私の身体も川の続き

川沿いにグニャグニャと5キロ程歩いてみた。すごくいい気持ち。考えを整理するとき、歩くに限る。頭の中に言葉のかけらがガッサガッサと溢れてこぼれてくるのを待ってる。あっという間。私流の瞑想だな。お茶買ってベンチに座って鳥なんか見ていると、ああ、そうか、私は治療中なんだと突然自覚する。病気が私のスピードを緩め、様々な景色を見せてくれる。明日は下流に行ってみようっと。...

誕生パーティーではなく 誕生会 に呼ばれる 家族サイズの宴会愉し

誕生会。親しいのだから働き易い服装で行くべきか。お祝いなのでハレの服で行くべきか。などと迷いながら。お酒をさげていく。メインは寄せ鍋。ポテトサラダに、がめ煮、しらあえ、ぬた。嬉しいメニューがずらり。こたつを囲んでメガネを曇らせて祝う。これいいなあ…。どの人も長い長い命の歴史の一番新しい命。新しい命同士で出会うことができた、奇遇を祝ってる。...

アムネスティのバレンタインデーアクション2011 チョコはフェアトレードで!

フランスから帰ったら、阿藤智恵女史からチョコレートが届いていた。スランスにいる間中治まっていたアトピーが出て、痒くてだるくて寝込んでしまった枕元でしみじみ眺めて涙が出た。あまりにも無力な私ひとりの力。このまま、なにも役に立たないまま消えちゃう私の命だろうか?でも、強くなりたかった私の時代は過ぎた。このひとりの力をどう生かすか考える。アムネスティーのバレンタインデーアクション2011の事を知る。バレンタ...

客席にいるということは舞台の上にいないということなのよね

全く、芝居や映画を見たり、資料読んだり次回の本書いたりするための少しの休みなのだが、アレルギーがひどくて、だる痒くて寝込んでいた。体調が調い始めたところでみやなおこに誘われて辰巳さんの芝居を見に行くことにした。古川オフィス 第11回公演『サイモン・ヘンチの予期せぬ一日』作 サイモン・グレイ  翻訳 小西のりゆき演出 水谷龍二 出演 辰巳琢郎   中西良太 上杉祥三 黒田福美 モロ師岡   小林賢治 ...

人間が日常を生きる仮面の一番下に持っている顔はミラーであるとルコックは言った

ラ・カンパニー・アンのフランスでの最初の公演は、アヴィニヨン演劇祭のカフェのテーブルに座って休むお客さんに向かって小さな音をCDデッキから流しながら。「女性として生まれた私」と「私自身」との関係や、「平和を生きている日本人としての私」と引き裂かれる「アジア人としての私」をダンスにして公演した。演技は明樹由佳、私は音響声かけ効果係。2、3人の観客に向かって「公演」した。面白いことに、この小さな公演をさ...