幸せな役者と作品の環境は場所と人が作る

ふうふう汗かいて、PCを運び込み、Ustreamにチャレンジしながら、
ナルチエの読み語り踊り聞かせが終了した。
何だか最近はっきりしっかりしてきたまどかみかちゃんがゲストだ。
緊張の語り踊り聞かせが終わって
緊張の語り踊り聞かせが終わって posted by (C)an
友情厚いあかねちゃんやテヨ、由佳母子とご近所さん。
和気あいあいといい会だった。
楽しげな会の様子はこちらから

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ナルチエの絵本読み聞かせ民話伝説語り踊り!のチラシができました!

なるチラシ

読み聞かせの告知ナルチエの絵本読み聞かせが進化を続け、「かたり聞かせ」「踊り聞かせ(?)」へと発展しています。

子供たちも大人達も、心待ちにしてくれるようになりました。

お申し込みはお早めに。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

なんてことない夏の生活がどんどん進んでいく

DSCN3290悩まされたダニ、毎日の掃除とニームとこのダニ捕りマットで、ぴったり被害が治まった。

ああ良かった~!

家蚊も治まったけど、ヤブ蚊がねえ。

何とかうまい対処方法がないものか…。


ちゃぶ製 食べるラー油食べるラー油が流行っているけど、
これは自家製食べるラー油のプレゼント。

レシピを聞くの忘れちゃった。


DSCN3296ハタハタは骨まで柔らか。

「酔鯨」でいただきました。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

時間の感覚が成熟してからの朝顔の観察は官能的

DSCN3287グリーンカーテン作り。

朝4:10

名簿打ち込みの合間に朝顔のつるを誘導していたら小さな小さな蕾を見つけた。
DSCN3288数時間後。

10:52

少しだけふっくらしてきた。

楽しみ。
DSCN3289次の日の朝3時頃。

もう今にも…
朝。7時半頃。

おしゃれな柄の大きな花が咲きました。

午後になったら急速に萎えて悲しかったけど、葉陰にはたくさんの蕾が…
IMG_0900IMG_0901

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

水の入った田んぼの畦を歩いた時のように湿った空気が肺を押す

開発者とタッチペン新宿にて「烏賊ホテル」衣裳の打ち合わせ。
カッキー(柿野あや)の頼もしいこと!

その後、我がプロデューサーは園田英樹氏と次回作の打ち合わせ。私もちょっとおジャマする。

買ったばかりのipadを駆使しての打ち合わせ。

自作のタッチペン(!!)が笑える。

すごい夕立でしたね。被害に遭われた方お見舞い申し上げます。
外は夕立
外は夕立 posted by (C)an

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

たくさんの頑張っているものに囲まれている私は安心して和む

今日の地酒昨日、ラサール石井さん春風亭昇太さんにごちそうしていただいた地酒シリーズが美味しすぎたのでご紹介します。

佐賀県のお酒です。
「万齢」と「七田
です。

佐賀のお酒も頑張っていますね!


朝顔のグリーンカーテングリーンカーテンにしようと、由佳の娘からもらった朝顔を育てている。
手をかけられなくてなかなか発育が遅い。

朝、窓を開けてネットをしっかり掴んで伸びている様子が本当にかわいい。

いじらしい。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

熱海五郎一座「男と女と浮わついた遺伝子」@池袋サンシャイン劇場

名前はアガパンサス名前はアガパンサス(和名は君子蘭)だとわかった。

見知らぬ花の名前がわかってすっきり!

春風亭昇太さんの舞台を拝見。
のぼりも賑やかなサンシャイン劇場に「熱海五郎一座」を見てきた。
巣鴨プリズン跡地に建つこの劇場に来るたび、身が引き締まる。どんな舞台でも昭和時代の意味を探してしまう。


のぼりそもそも日本人は何のために笑うのかな?日本国内ツアーでも様々な地域性がある笑いのセンスだが、海外の観客とは大きな違いがある。

日本の喜劇では短い爆笑の連続が必要。ボケが美味く突っ込んだ時の息の合った加減を観客が喜んで励ます気持ちが感じられる。

村上ショージさんの喜劇に出た時、「普段の芝居同様、新劇女優らしくしっかり真面目に演じて下さい」と言われた。ツッ込みにさえ気付かないふりで粛々と(?)演じた。
あのバカ受けの感じが忘れられない。

またやりたいなあ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

できるだけの事をしたいけれどできる事のあまりの少なさよ

鰹たたき丼じゃなくて皿お昼は暑気払いに「鰹たたき丼」じゃなくて「皿」!


早起きして、電車に揺られて桜美林大学へ。
前回急ぎすぎたので反省して企んでいく。詰め込まない詰め込まない!

声の響き、口腔内の構造のちょっとした説明。
口の体操。
舌の体操。

声の出る源、コントロールの支店を探す。

名前を使って日本語の発音について、ちまちまちまちまレッスンした。
いわきの高校生たちが見学に来た。
懐かしい先生にお会いしてぐぐっと元気が出た!

家に帰ったら、「烏賊ホテル」のチラシデザインのラフ案が来ていた。コンセプトはある心温まるエピソード。お楽しみに!

燃えるーー!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

同じ演劇の空気を吸った井上ひさし先生が私の人生にした事

井上ひさし先生お別れ会井上ひさし先生のお別れ会だった。

日本の演劇界がぎゅっと詰まったようなたくさんの人々が詰めかけた。

信じられない。
本当に信じられない。

こまつ座に初めて出演したのは「日本人のへそ」。チケットは完売で、家族さえ見る事ができなかった。長いツアーがあって。ここで私と明樹は出会ったのだ。

名作(といっても先生の作品は皆名作なのだが)「頭痛肩こり樋口一葉

そして、奇跡のようにいただいたこの役。「化粧 二題

先生の世界の中でのびのびと生かしていただいた。この役者としての命。
この命とこの命に繋がる命の事をずっと考え続けよう。

先生これからもよろしくお願いいたします。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS