FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2010年04月 1/1

暑くなりそな夏の予感!ハナミズキ(アメリカ産)の季節。

ハナミズキの季節 posted by (C)an東京に出て来たての頃、原宿の森英恵ビルに「花水木」というかフェがあって、すごく嬉しかった事を覚えている。今もあるんだろうか?森さんのシンボルマークは蝶。満開の花が、たくさんの蝶々が舞っているようなのでこの木を植えて木陰のカフェにこの名前を付けたのだとか。何年か経って、このビルのホールでオフィーリアをやった時、森英恵さんとお話しできた。これは、稽古場に向かう路で。励ま...

  • Comment 0
  • Trackback 0

見慣れた顔にも少しずつの変化が…人生は過ぎて行く

楽しい衣裳合わせ!絡むひとはもちろん絡んでいないひとも同時に並んでチェックを受けます。さて、このシーンは一体どういうシーンでしょうか?IMG_0599 posted by (C)anIMG_0598 posted by (C)an何だかネタバレみたいだけど、絶対にネタバレないから大丈夫!てきぱきと進む稽古の合間にみんなと少しづつ近況を知らせ合う。ふーん。様々なところで活躍しているメンバー。ふとした声のトーンや、リアクションの表情の深さは、そうい...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お母さんは社会の中の役割ではなくて他者に離れて存在する自分の心の一部

火山のおかげで思わぬ長期滞在となった、アンの「パリのお母さん」トシの最後の夜。(といってもゲイではないよ)稽古初日の携帯に清木場ちゃんから「仕事が早く終わりました」のメール。私もちょうど顔合わせが終わったので飛んで行った。修行中の清木場ちゃんにはなかなか会えない。すごくいいタイミングで近況報告もゆっくりできたし、「トシ効果」抜群な夜だった。明日は早く発つ。明樹がお見送りする。トシ、たくさんのマジッ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今年もあなたの街で「東京原子核クラブ」わいわいと粛々と

さあ今年も待ちかねたツアーの始まり。今年は秋にも加藤健一事務所のツアーが控えている。大満足な今年の私の仕事っぷり。どうかよろしくお願いいたします。早速キヨキヨネタ。理研関係の方からエコバッグを一座のメンバー全員にいただきました。理研バッグ posted by (C)an平和館のセットで理研エコバッグと posted by (C)an今日は稽古初日。懐かしい稽古場に入ると「我が家・平和館」。メンバーは冠婚葬祭でよく集う親戚みたい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ピースの気持ちは性差もジェネレーションも超える

非戦を選ぶ演劇人の会の作業の日 posted by (C)an前回のリーディングのDVDの発送。簡単な作業であっという間に終わる。「私がひとりでウチでやっても良かったね」と篠原さん。いや、会って、一緒に作業する事が大切なのだ!この作業を誰かがひとりで黙々とやるなんて…!近況を話しながら、体調や多忙をいたわり合いながら、その先にピースがある。いろんな人たちが心を寄せる時、一緒に身体を動かすことが本当に大切。あらゆる個性...

  • Comment 0
  • Trackback 0

懐かしい喫茶店のプリンアラモードを初めて食べたのは?

またまた荻窪教会通り「ちゃぶ久」にて「火山の影響で帰仏が遅れたトシに懐かしい喫茶店のプリンアラモードを食べさせる会」この笑顔か見たかった! posted by (C)an器はカフェのマダム久美さんのお母様のお気に入りだったもの。今回、遠くから来た友人(家族)を迎えるにあたり、非常に小峰公子さんの「男気」と「優しさ」に感動した。ものすごい忙しさの中で、大胆に細やかに、みんなが一緒に平等に楽しくなる事を提案してくれる...

  • Comment 0
  • Trackback 0

消えてしまう人生の象徴のような演劇と言う表現を選んだ私たち

演劇は消えて、映画は残る。でも、山中貞雄の作品は殆ど消失している。そういうメタファで、映画讃歌を演劇でやってきた。私も、演劇で演劇そのものを扱うよりも、映画や音楽を使って、表現への情熱を描いた方が伝わり易いと思ってそんな作品ばかりを作って来たっけ。さてアンの再演の準備と次回作の準備に追われる日々が始まる。ネット環境のない由佳に任せきりだったので、一日PCに張り付いて、ファイルの整理。夢みたい夢みたい...

  • Comment 0
  • Trackback 0

無事に終了いたしました。応援ありがとうございました。

終わりました。これほど強い思いで、戦争を起こしてしまう社会の仕組みを、知って、無くしたい。と思った事はありません。西條クン演ずる息子が出征のとき、世界中のお母さんの慟哭が聞こえるような気がしました。どれほど心を尽くしても、身体を使っても、受け止めて充分に演じる事ができない。たくさんの方からご好評をいただきながら、足りない足りないと自分を叱咤する毎日でした。もっともっとやりたかった。もっと やりたか...

  • Comment 0
  • Trackback 0