血糊の海で泣き叫ぶ姿を家族は見たくないだろう…そのレベルから少しアップしたかな?

今日も盛況だった。
怖いんだか可笑しいんだか、泣きながら笑っていらっしゃる、観客のみなさん。
拍手は力強く暑い。

小さい頃から姉妹同然に育った自慢の従姉妹一家が来てくれた。
やっぱり身内に見られるのは恥ずかしいなあ。
従姉妹のご主人は心療内科と精神科のお医者様。
もっともっと話を聞きたかったけど、渡辺えりさんのインタビューが控えていた。

DSCN2049座・高円寺の劇作家協会プログラムの情報に載せていただくインタビューだ。
えりさんからいろいろ質問していただいて、何だか面映い。

お忙しいのに、身銭を切って時間を作って、座・高円寺の紹介のためのこういう活動をされるえりさんに本当に頭が下がる。

楽屋には美味しいものが次々に届く。
ありがとうございました。
あっという間に胃袋にはいって、写真を撮り忘れたものも数知れず…。DSCN2047
DSCN2048
DSCN2046


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

同級生たちよ、魂はあの時のまま、私たち励まし合って楽しんで生きていこうね。

IMG_0645これはっ!
佐賀銘菓!日本中のお菓子の中で一番美味しい!
村岡屋さんの

丸ぼうろ!!

もう各劇場でおなじみになった、
高校の同級生たちが来てくれた。
そのうちの何人かは保育園から一緒だ。
素性がバレバレの彼らの前で、昔は本当に演じるのが緊張した。
今も、少し緊張するが、より一生懸命演じようと思う。
DSCN2050同級生たちはいつも、
とてもとても褒めてくれる。
いつまでも一緒にいたかったが、
口唇ヘルペスができちゃって、
勉強中のみやにレメディーをお願いする。

疲労だって。
当然だ。

あちこち不調の種類分だけ、レメディーも増えてる。
がん治療で強い薬飲んでいるし、放射線も沢山浴びた。
少しでも自然のもので体調管理したい。
身近にアロマホメオパシーの修行者がいて本当に助かる。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

悲劇には演じる役者の安心が必要。安心したらのびのびと破滅が演じられる。

松岡洋子 洪明花 樋尾麻衣子昨日は檀臣幸氏。
本日は占部房子、松岡洋子、洪明花。
それから家人。
お花高校の同窓生の䅏田君が来てくれた。
必ずじっくりと感想を聞きたい。

今日の客席はまたこれが不思議だったなあ。




□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今は海になって日を沈めたり月を昇らせたり 潮の香りの風になって私に吹いて来たり

「BUG」公演中!
公演情報日記はこちら
IMG_0636帰宅したら、深浦加奈子さんのお母様から包みが届いていた。
お父様がまとめられた加奈子さんのご本だ。

まるで、フカウラ(私たち友人はハンサムな彼女の事を尊敬を持ってこう呼んだ)からのエールのように。
イッキに読んで、考えた。

彼女の表情や仕草がありありと浮かぶ。
息づかいさえ、今、感じる事ができる。

ありがと!
何処でもないところに呼びかけてみる。


芝居はと言えば、どんな事故が起きてもそこに生きていられるようにだけはなった。
今日は久しぶりにゆっくりの朝。猛然と、眠った!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

なのに暖かく励ましてくれてありがとう。

農業仲間、ALICIAからの差し入れ。
めずらしい谷中生姜と香り高いバジル。
IMG_0627

彼女と羊屋白玉さん、宮田慶子さん、と演出家協会の中津川の演劇キャンプに行くはずだった。

不義理を沢山してしまった。
なのに、暖かく励ましてくれてありがとう。

劇団劇作家も、関根さんの作品に出られなくなってしまった。

なのに暖かく励ましてくれてありがとう。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

興奮しすぎて魂があっちの世界へ飛んで行ったような。

BUG
初日です。
公演情報日記はこちら
座・スズナリの楽屋からの眺め。
坂道。
けっこう好き。
IMG_0625初日が明きました。
客電が点いても拍手が終わらなかった時に、
何かの事故かと思ったくらい、

わけわからなかったです。

次の瞬間、衝撃のような感謝に号泣してしまいました。

さて、初日に果たせなかったいくつかのこと、
今日はやりますよ!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

燐光群公演「BUG」への御案内・是非お越し下さい

やっと初日がヒロインの降板は、観客の動員にはやはり大打撃でしょう。
映画「BUG」の原作になったお話です。
何とか初日にこぎ着けました。
映画版の予告編はこちらです。うむ、これは確かにこわいです。
でも、舞台ですから、お楽しみいただけるしかも、しっかりと人間劇にしたいです。
http://www.youtube.com/watch?v=T97mCGZS4nI
是非ご覧下さい。

愛さえも食らい尽くす、〈真実〉。
『BUG』
作○トレイシー・レッツ 上演台本・演出○坂手洋二
出演○西山水木 大西孝洋 猪熊恒和 川中健次郎 宮島千栄

9/18(金)~9/30(水) 下北沢ザ・スズナリ
開演時間:
月曜・金曜・土曜は7時 ただし、26日(土)は2時の部もあり
火曜~木曜と日曜は2時 ただし、29日(火)は7時の部もあり

※9/19・21の終演後に坂手洋二と次のゲストによるトークあり
9/19(土)7:00 青井陽治氏(演出家・翻訳家・劇作家)
9/21(月)7:00 宇沢美子氏(慶應義塾大学文学部教授)

こんなにも全身、皮膚感覚に訴えさせる舞台を観たことがあるだろうか?
ベン・ブラントリー(NYタイムズ)

『八月のオーセージ郡で』にてピューリッツアー賞・ トニー賞主要5部門を受賞、
現代アメリカ最強の劇作家トレイシー・レッツの、官能的でエキサイティングな世界!

アメリカ郊外オクラホマ。息子を失い心に傷を負ったアグネスは、仮釈放された元夫の暴力から逃れるため、一人モーテル暮らしをしていた。彼女は、やはり過去を背負う元兵士のピーターと出会い心を通わせる。彼らは部屋に小さな「虫(バグ)」が存在することに気づく。閉ざされた空間で次第に二人は追い詰められてゆく。ハイパーな現実か、辛い日常から逃れるための幻想か? 濃厚な関係を結ぶ彼らは、やがて圧倒的な高揚感の中で、厳しい決断を迫られる……。

オフ・ブロードウェイで11ヶ月・384公演という異例のロングランとなった話題作。どうかお見逃しなきよう、お願いします。


全席指定
前売3,600円 ペア6,600円(前売・予約のみ) 当日4,000円
大学・専門学校生3,000円 高校生以下2,000円 ※学生券は前売・当日共通料金 劇団扱いのみ 要学生証提示

★燐光群オンラインチケット
http://www.alles.or.jp/~rinkogun
よりお入りください。

★ご予約・お問合せ 燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294
ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp


ご予約・ご来場を心よりお待ちしております。
燐光群/(有)グッドフェローズ
http://www.alles.or.jp/~rinkogun


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

よくご先祖様って言うけど、お墓の事じゃない!今、生きてる身体の事。

朝起きたら、声が出ない。
焼けるように胸骨の辺りが痛い。

風邪っ?

すぐにみやなおこに相談する。アドバイス通りにレメディーを使ってたちまち軽減した。

劇場に行く。
いよいよ明日初日だ。
初日なんだ。

通し稽古とゲネプロを終えて、
さらにみやが調えてくれてたレメディーを受け取りに行く。
本当にありがとう。

ブツブツと科白をつぶやきながら東京の夜を移動する。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

科白よ科白!私がしゃべると内側から響いて役を教えてくれる

奈良時代。肥陽の国の基肄郡(きいごおり)に八波(やつなみ)と称する豪の者が住んでいた。人々は、彼のことを「八波長者」と呼んだ。
自分ちの広大な田んぼの田植えを一日で終えるために、沈みかけた日を扇を振って呼び戻したという話。たちまち天罰が下って、大洪水に見舞われたという。

私も、センスをぱっと開いて時間を巻き戻したい。
IMG_0624科白のチェックには
ファミレスか、

コーヒーショップだわね。

明日のためにもう寝ます。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

場当たり稽古 突然たち現れる、各スタッフのプロの仕事と…私の惨敗…

劇場がすごい事になっている。
スズナリにいつもいる、私も馴染みのはずの「魔物」が、
今回は特に厳しい。

ベストを尽くすってどういう事だ?
私の甘さが、どぼどぼ露呈するだけ。

台本を開いても、もうそれ以上は文字では書かれていないのかもしれないし、
やさしい稽古場からやって来た私には、
それぞれのアトリエや工場からやって来た、衣裳が、セットが、音が照明が、
鋭く指し示すこの芝居のテーマに、
…応えられなかった今日の「場当たり」というこの段階。

何とか、明日までに…。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS