スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

「月いづる邦」稽古始まりました!

   月いづる邦 -mother moom-
12/3~7の公演に向かって、いよいよ稽古が始まりました。全力を今、たたき台本作りにかけています。滞っている日記ですが、過去から写真とともに少しづつ追いつきます。どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7/22 日蝕は小学校の中庭の私と、パリ、オペラの広場の私を繋ぐ

DSCN1817鏡に反射させて映す方法。
DSCN1827厚紙に小さな穴をあけて
針穴写真機方式で観測する方法。
DSCN1832何だか妙に日蝕に詳しい私がいて驚く。なんでこんな観察方法を知ってるんだ?
コドモの頃の知識が蘇る。

1999年8月11日、
パリのオペラ座の前の広場で日蝕を経験した。
夏の美しい街が、あっという間に翳って、照った。
犬の遠吠え、蝉の声。

故郷で、観測している。

蓮の花の季節。
DSCN1853
DSCN1853 posted by (C)an


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夏を食べる。かなり高い自給自足率。全部地元!

食べ物を輸入するなんて必要ないじゃん。わからん!
DSCN1814DSCN1815
ゴーヤチャンプル/茄子のおひたし/オクラ納豆/甘酢トマト/スライス玉葱/わおぅ!
DSCN1816


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7/21 二宮金次郎が戦後撤去されなかったのは農業の町だから

DSCN1802母校の基山町立基山小学校に行った。
素晴らしい新校舎が出来上がったばかりで、運動場の整備中。
私が入学したとき、ちょうど木造から鉄筋三階建ての校舎の建設が始まった。
暗い木造の教室で工事の騒音にも胸が躍った。
運動場には資材がたくさん並んで格好の遊び場(あぶない!)になってた。

その校舎が老朽化したというのだから月日は残酷だわ。



DSCN1803


DSCN1810講堂の横に立っていた二宮金次郎(正しくは金治郎)、ランドセルをしょって、図書館から借りた本を早く読みたくて歩き読みしていた小さな私と重なる。

撤去されなかったのはやはり、この町が農業の町だった事と関係あるだろう。造成中の立ち入り禁止の校庭にぽつんといる金治郎に、何だか親しみがわいた。

新しい校舎は木のぬくもりのある暖かく明るい雰囲気。
廊下が広い!!

後輩たちよ!
たくさん楽しく勉強してね。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

SAGA パーフェクトシアター 訪問

IMG_0515この写真は、佐賀駅前の面浮立 (めんぶりゅう)。

佐賀市に「SAGA パーフェクトシアター」という劇団がある。
45歳位以上の方で構成されている、佐賀では超有名な人気劇団。

今回の帰省のメインイベントは、
ここの活動に深く関わっていらっしゃる辻萬長さんと村井国夫さんの命を受け、
この劇団の2期生のオーディションの審査と、ミニミニワークショップ。
IMG_0516そうそう!
自転車の事を「けったくり」って言うんだ。
駅前の貸し自転車。
DSCN1790事務所は銘菓「佐賀錦」の、村岡屋さんの2階。
事務所にやさしく迎えていただいた。
代表の栗原誠治さん。
劇団の方々にも熱心に話を聞いていただいて、
何だかほっとした。
この劇団の行方を見守る一人として、これからも、お役に立ちたいなと思う。

DSCN1791生真面目で、明るく聡明な皆さん。さすがでした。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7/20 思い出の庭に咲く花々、懐かしい花、珍しい花

妹の丹精の可愛らしい薔薇。
DSCN1782

母が買ってきたと言うが、何の花か誰も知らない。花屋さんさえも。DSCN1784

祖母が好きだった芙蓉の花。
DSCN1785

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7/19 惚れ惚れする佐賀の食材

DSCN1780DSCN1781

故郷を離れてよかったと思うのは、故郷で採れたものを食べる時。
こんなにおいしいものを食べて育ったのだなあ、
この美しいものたちで私は形成されたのだな、と
自分の命が誇らしい。
農業や漁業、は人の尊厳の基盤だなと思う。

夏の昼食のメニューは、ほとんどそうめん。
おいしい小麦がとれるのだ。小麦麺文化圏。
DSCN1786

DSCN1787_2.jpgこれは晩ご飯。
風景とともに大切な思い出になるんだ。

そして夜は、仲良しのクラスメート、リッコとタミとヒサエちゃんたちと
鳥栖のおしゃれな居酒屋に繰り出す。

しゃべる、しゃべる。
会わない月日がみるみる埋まる。


これは、ヒサエちゃんのお家で採れた、これまたスンバらしいお野菜!!
DSCN1788_2.jpg
芝居の友達が佐賀公演のとき、
「水木さんはとてもユニークな人だと思っていたけれど、
 佐賀に行ったら、水木さんのような人ばかりでびっくりした。」
という名言を吐いた。

故郷の友も、東京の仲間も、友達は私の誇りだ。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7/18 可児市文化芸術振興財団@可児市文化創造センター(マチネ)

会館の向かいにある寿司郎で腹ごしらえして、劇場入り。
家族連れで混んでいた。
小さなコドモのお父さんたち、ふとした時に、ああ、いま、家族の事考えているんだな、という風情。
IMG_0506
オンちゃん(宮田慶子氏)がやってきた!
待ちに待ってた人。演出家は「母」だな、と思う。
みんな少し恥ずかしくて嬉しかった。

IMG_0508可児市の「蓋」。
市の花の「サツキ」のデザイン。
IMG_0510可児駅のスタンドは知る人ぞ知る有名店。
生ビ-ルときしめんが素晴らしく美味しかった。
IMG_0511そして、
名古屋を経て一路博多へ。

九州のSUICAはSUGOKA(すごか!=すごい、superの意 )DSCN1778DSCN1779


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。