FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2009年05月 1/4

いなくなっても縁を紡いでくれる人ありがとう

あじさいを買って深浦加奈子さんの家を訪ねた。円城寺あやちゃん、川俣しのぶとともに…。今年の8月のピースリーディングのチラシに使うためにフカウラの書いた絵をお借りするのだ。雨がまた降ってきた。こうして書いていても次々と思い出が蘇る。明日本番なので泣きたくないから今は書きませんが、またあやちゃんや川俣と一緒に何かやるとは思わなかった。フカウラのおかげです。ありがとう。24日に散骨をすまされたそうだ。逗...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ぱちか村6周年Memorial Session ~MY PEOPLE… HOLD ON~

あきがお店を始めてからもうそんなにたつんだ。重いジャンベを叩きながらアビニヨンでのパレード。一日二回公演。思い出も深い。アフリカ映画祭ではMASSA(佐藤正治)と夢の太鼓の競演もあったっけ。楽しかったな。そんなこんなの楽しい思い出たちに感謝しながら寿ぎの詩を詠んだ。DJもよかったし、バンドの編成も面白かった。旦那ちゃんのMr.TOMATO氏との息もぴったりで、よかったね。おめでとう。これからも面白いこと考えて私を刺...

  • Comment 0
  • Trackback 0

巴里の人の就寝前の読書の夜 私は東京で今夜読む詩を書き上げた朝

最近フランスとよくチャットする。朝型になった私が台本書いている時間と、仕事を終えて帰宅したフランスの友人のPC時間に丁度あうのだ。今夜、ぱちか村で詩を朗読する。12月公演「月いづる邦」のために書きためている文章をぱちか村の6周年用にアレンジしたものだ。その詩について、今パリで眠る前に心理学の本を読んでいるトムとしばらく話した。初めてパリで公演した時、観客の一人から作品とタオイスム(道教の陰陽)の関係...

  • Comment 2
  • Trackback 0

どこへ行っても花に癒される。小さな命をありがとうございます。

鎌倉生活を終えて、朝食はデニーズにしてみました。若いとき、あこがれだった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

湘南台文化センター 気配の届く小屋で

午前中からうろうろ。鎌倉はスタバも広々おしゃれ。台本書いてる。湘南台の小屋は、スタッフ泣かせで有名な小屋。すべて丸い。でも、でも、客が近い。みんな久しぶりの演劇的な小屋に喜んでる。声的には最高だ。丸い。丸い。丸い。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

交流会が楽しいのはいい芝居しているから。自信があるから。

マチネ終了後は、鎌倉演劇鑑賞会の皆さんとの交流会。お料理も美味しかった。じゃんけん勝ち抜きで佐川君に勝った会員さんにみんなのサインが…。かなり盛り上がった。記念撮影。早めに鎌倉に帰って街をぶらぶらする。大好きなバーも今日は休み。鎌倉の人はよく休むなあ。昔の銀行だったところ。一人でも入れるすごく感じのいいバー。昔、鎌倉に住んでいたオネイさんがよく連れてきてくれた。ジャズを唄っている人だった。その人も...

  • Comment 0
  • Trackback 0

佐賀の人に特別抱く感情はナショナリズムとはちょっと違う

鎌倉芸術会館。立派な建物。ただし、残響がすごくてこまった。「台詞が聞こえない」という感想は本当に悔しい。俳優たちが血の滲むような努力をしても、殺すにゃ刃物はいらぬ…しっかし。こういう環境にも慣れてくるもんだ。対応策がある。固くしゃべって台詞を置かない。テンポが落ちるから、身体に響かせずに前に飛ばす。こうして引き出しが増えるのを楽しんでいる。ところで、楽屋にびっくりする人たちが訪ねてきた。なんと!佐...

  • Comment 0
  • Trackback 0

鎌倉芸術館・大ホール ただし、最寄り駅は大船

駅前が騒がしい。号外だ。胸を突かれる。「孤立の中、強硬手段」の文字。首相はすぐに北朝鮮に行くべきだ。行って話すべきだと思うんだけど。顔見て話す様子を、向こうの人たちに見せるべきだと思う。世界の人たちに見せるべきだと思う。みんなが日本の味方してくれるでしょう。核一つ持つより、有能な大臣一人いる方がずっと国防だ!楽屋の花。ありがとうございます。癒されるなあ。この顔にも慣れたなあ。毎日少しづつ違うんだ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

憧れの鎌倉生活。ちょっと芸術家気分。

東京に帰ったら、生協から畑用の肥料が届いていた。みやなおこに早くやり方を教わらないと、この夏は農業に頑張るぞ。ようやく芽を出し始めた野菜たちと別れて「前乗り」だ。鎌倉を愛してやまない家人も座・高円寺のカフェがひと段落して、やっと休みが取れた。食の探索をとても楽しみにしている。DSCN1599 posted by (C)an目を付けていた店で鎌倉野菜の苗を物色。輝きが違うのよね。苗の時点でもうおいしそう。グリーンカーテン用...

  • Comment 0
  • Trackback 0

旅の始まりは毎度のことながら会館と演技の調和にちょっと混乱

すり鉢状の客席、ブラックボックスと呼ばれる真四角の劇場は、普段一番いい席である真ん中正面に「ポケット」と呼ばれる音がひずむ場所がある。声は聞こえる、が、言葉が聞こえないんだ。母音を固くせりふをしゃべる。子音を長くしゃべる。習うより慣れろ、かな?横浜の巨大モール街。香港の中心街の景色にそっくり、国際都市、の作り?大きな荷物を曳いた観光客にはちょっと不親切だよ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0