FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2008年09月 1/3

七尾

金沢を後に。 これは金沢駅の玄関。 ただの屋根にすごいお金(172おくえん!)使ったって、 タクシーの運転手さんがぼやいていました。七尾は海の気配をたたえた静かな町。 移動でちょっと疲れたけど、 メンバーは市場で、おいしい海鮮を食べて元気出た模様。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

野々市

いただいた花束は 野の花を摘んで作られたものでした。 秋を丸ごと…感激。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ジュリーの歌う九条の窮状

良くも悪くも私たちの育った時代や国の 文化のシンボルだった「ジュリー」。 彼がこういう歌を歌うということは、 私たちがこういうことを願っているんだ ということの象徴なんだろうなあ。 甘い、恋の歌の似合うジュリーの、 せつない歌をずっと聞いていられるような、 「平和」な世界であって欲しい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

金沢 のどぐろNIGHT

これがかの「のどぐろ」。 喉の奥が黒いそうだ。 ちょっとキンメっぽい。焼いてよし。煮てよし。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

金沢

楽しみにしていた尾山神社との再会。 オセローの旅を思い出すなあ。 長い旅の千秋楽が金沢だった。夜はこうなる。 灯台の役目もしていたらしい。 海から見てみたい。いただいた花束。 かわい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

金沢への乗り日

今日は乗り日。 移動のための休日だ。 もう、おなじみの金沢へ向かう。 移動中の列車で、鱒鮨とビール。金沢のお茶屋さんで、 和菓子とお薄。 一人、金沢上手になってしまった。ホテルの部屋から。 夕方は楽屋で過ごすことが多いため、 夕方の景色は新鮮。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

尾北 江南市

いったん名古屋に戻って、江南市での公演となる。空はもう秋の色だ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

四日市

何度か来たことのある四日市だが、本当に縁の深い街になった。 伊勢から移動したホテルの部屋に懐かしい声の電話があった。 東京で修行している時に知り合い、 この春、四日市に帰って、 只今四日市名物「おにぎりの桃太郎」の跡取りとして さらに修行中のコーヘイ君だ! スタッフキャスト分のお弁当を 差し入れてくれるとの由、 それはそれはおいしいおにぎりのお弁当が届き 一座に歓声が上がった。 特にスタッフは疲れのピー...

  • Comment 0
  • Trackback 0

伊勢

朝起きてホテルからの眺め。 最高!伊勢うどん。 これ!いける。 一本の麺が、重い。楽屋のお花。 癒される。お通しと呼ばれる会員さんの手作りの品々。 ごちそうさまでした。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

伊勢の夜

楽屋の花といただいた花束。 珍しい、きれいな色!あっという間にバラされる舞台。終演後、駅前の居酒屋で。 …… す、すごくおいしかった。 近鉄伊勢駅前! ぜひ!...

  • Comment 0
  • Trackback 0