FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

明日帰る日(泉中央)

仙台の大きなベッドタウン「泉中央」の使いやすい会館で公演。紅葉の気配が美しい。 …あした、かえる。 私の事を、待って待って待ってくれている人たちがいる。 早足になって、子供の頃、夕方、カーブの砂利に失速させながら、一目散に帰ったように、帰る。 どこまでも帰る。前世まで帰ったっていいよ、この勢いならば。 差し入れは九条せんべい!九条がブランドになる?なんて!いい考え!...

これに尽きる(仙台)

私の命について考えている。 時間軸を逆に読めば見事に物語を織りなす。偶然の積み重ね。偶然生きている私。 私を私から離れ、私怨(ルサンチルマン)なしに「批判」する。 役を演じるってそういう事かな? 私は私から離れられない。 私から離れ自由な魂の事については、人間のことばで語れない。 少なくとも、日本語では語れない。 まず、経験と、想像があって、演劇がある。 私は演劇でしか、私から離れられない。 それから言...

10/18 盛岡!

ちょっときつい乗り打ちの日々。バスで移動してまた次の美しい町に着いた。この川には鮭が昇って来てる最中。私は見つけられなかったけど、メンバーの何人かは目撃している。ああ、まだこの眼では見た事ない。川昇る鮭!そして、原っぱじゅうのクローバーが一斉に陽のさす方向を見ているのをみた。さあ!お楽しみいただきましょう。東北最大の贅沢な食事。ごちそうさまでした!「盛岡冷麺」「フィレ」「ユッケ」「馬刺」...

10/17 たわわなリンゴのなる木、清々しい氣に満ちた(弘前)

新幹線の網棚に載る私たちの荷物。楽屋の外に広がる森。春の桜は日本一だそうですが、紅葉の兆しも見事です。さむーーい!...

10/14~16 芝居は育つ(秋田)

楽屋の、たくさんの差し入れの中の「栗」市民の方が拾って来た「野生の栗」。向こう側でで顔を輝かすのはヘアメイクのエンちゃん(遠藤恵美子さん…私のヘア!!ちょっとすごいですわよ)。 のんきに旅を続けているようですが、演出の平さんにはまだまだ野望があった。本番終了後に稽古する。うまく行きそうでわくわくする。何だか、このメンバーの大人たちの、舞台に対する姿勢は感動的。表現の可能性を、どこまでもどこまでも追...

10/13 わくわく、大きな移動日 (天童→秋田)

大型のバスで、山脈を越える。もう、感動に震える。はしゃいで疲れた…。あの山を越えるんだ。ちょうど中間のドライブインで。小野小町のふるさとだって。秋田市内も、抜けるほどの晴天。日本中、晴れ?...

10/12 可愛い、リンゴの木、そして、秋の花盛り、紅葉前のカラフルな東北(天童)

続く乗り日に疲れていても、眠れないほどの美しい景色。ホテル暮らしに大切なのは飲み水の確保。ホテルと会館の移動のバスの中で、どこのコンビニに寄るか話し合う。ホテルについてバスからおりる時、運転手さんに呼び止められた。「天童の水はおいしいよ。水道ひねれば出てくるのに。月山の雪解け水から引っ張ってんだ!一度飲んだら東京の水なんか飲めないよ。ぐいっと飲んでみれ!!」うん。おいしかった。 会館に着くと天童...

10/11 柔らかだが、じっと見ている客席(山形)

柔らかだがじっと見つめられている。芝居の行く末を静かに見守る。お国柄はこんな情報の時代にもある。わずかではあるが…。 もう何度も来ている街だが、久しぶりに観客の方々と合うと、新鮮。 終わって、勝部さんにご紹介いただいた店で食事。????何この値段???「越の寒梅」380円!幻の酒「十四代」!赤霧島まであった。おいしかったなあ。...

10/10 移動日 山形へ!!

ああ!素晴らしい天気!旅日和だ。山を越えて行く。車窓からの素晴らしい景色に歓声を上げながら、本当に心が弾む。 やっぱり駅弁でしょう。人気の駅弁をすかさずゲットする大滝さん。 山形の氣も、私に合っている。疲れが吹き飛んだ。着く早々、街をうろつく。私の趣味は「ショッピング」@100円ショップ。…生活必需品を手に入れて、スーパーを覗きみる。狭い日本なのに、景色が違う。真ん中の紫と黄色の固まりは「食用菊」ア...

なぜか、小峰公子を思い出す

日本で、県(藩)同士で、戦争していたなんて… 私と、小峰公子は敵同士だ。 今は一緒に平和の作品を作っている。 だから!戦争は、この世界中からなくなると、強く、信じられる!...