スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

チェホフだベケットだなんて外人の名前がすらすら出てくるようでは、ろくな女優になれないぞ!人気時代劇の監督に一喝された。

写真は記事とは関係ないんですが。 私の大学は演技訓練のための学校だった。一番脳が元気な時に、何か、ひとつの事について深く「思考」する、ということをしなかった。まして「女優はバカでいい」といわれた時代。 今、私は「演劇人大学」で、たくさんの授業を受けているような気がする。「斉藤憐教授」「坂手洋二教授」「鈴木聡教授」「篠原久美子教授」…そして暇さえあれば訪れているサイトがある。本当に講義を受けているような気分。あ!私、授業は大好きだった。一人でやる宿題とか予習復習が退屈だったんです。「TEYO教授」の課題は「生死観とエゴ」。花伝書をまた部屋中探したが、ないので、アマゾンで注文したところ。とにかく、もう、バカでいるのは嫌だ。考えたい。深く。知りたい。 私が言いたいのは、人が仲良くなれる、愛し合うことができるということの中には、いつでもその人から離れられる、嫌いになることができるということが「可能」でなければならないということです。絶対にその人から離れることができない拘束状態(奴隷状態)が存在するとしたら、その人を愛する、という関係は生じないでしょう。人間と人間との関係には、主体的自由や選択的自由の以前に、そして「文化」や「倫理」を越えて根本的な〈自由〉が存在しているということです。 http://ashida.sakura.ne.jp/blog/「芦田の毎日」より。
スポンサーサイト

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。