スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

素晴らしい天気、朝からひばりはずっと、うたってる。

麦が実る。 「ひばりの歌」 夏の気配の 美しい 夜に死のう。 とりあえず、その夜は 露草の芽の上で眠ろう。 陽が昇ったら 私の魂は舞い上がる あなたの 麦の帽子の ひさしが輝く。 ピチクリと 声を限りに  あなたの上を 声を限りに 私はうたう。 わたしは死んだ わたしは死んだ ピピピ ピチクリ わたしは死んだ これって、ククル・パローマの別版だよね。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

春を食べろ!

可愛いイサキ丸々してるキャベツと竹の子のバタ炒めにジャコと桜海老をイったのをかけて食べる味はロマヨ

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

食べなきゃ!

失礼ながら起き抜けすっぴんです。 グリンピースと竹の子ご飯。一番いいとこは仏さんに。僧侶だった祖父の習慣は、妹に伝わってる。妹の仏飯、うまい! これででかいキャベツの一個分豚とキャベツと新たまねぎのホイコーロ風。サトイモとイカの煮物。海老とキャベツとブロッコリーの芽の温サラダ。 夕飯食べて、家族で、蓉君の出てる「柳生十兵衛」見た。カッコ良かったヨン。携帯ビデオに撮って、NYのTEYOに送信。アヴィニヨンとインドからメールが来た。東京のジュリから送った干し椎茸が届いたというメール。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

明日!!NHK!!蓉崇君が時代劇に!

蓉君からのメールです!! ===== すごい才能の三人。文殊の智慧どころか世界を変えられるほどだよ楊(蓉) 崇です! 念願のNHK時代劇に出演します!(明日!) NHK木曜時代劇 「柳生十兵衛七番勝負~島原の乱~」 第3回「望郷の剣」4月20日(木) NHK(総合)20:00~20:45 十兵衛(村上宏明さん)と和泉太郎丸(蓉崇)が剣を交えます! お時間あったら是非!観て下さい! 今、時代劇がクローズUPされている中、お勧めの作品です!! http://www.azzlo.com/ty/ ===== やったあ!!そうなんです。実は大役が次々控えていて、Anへの参加は伸び伸びになってしまいまいた。初めて彼を見たときから、きっとこいつはなんか違う展開するぞ!とにらんでたサ。明日楽しみーーー!家族で見るさあ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

花吹雪の春の路、雲はすべて山の向こう。

山並みに沿って、父の病院へ向かう。検査入院だ。 そう。 運転してんのよ、私。気ん持ちいい! 木々がほんの30センチほど葉を付けて枝を伸ばしただけで、山がぐぐっと近付いた。すべてが私に向かって手を振る。 田口ランディのエッセイに自然が人の心に与える浄化作用について書いていたが本当にそうだ。本当に気がかりなことがあって、散歩してみた。ひばりがビッチビチと狂い鳴いている。見上げると西から雲がぐんぐん飛んで来て山脈の向こうで渋滞している。暖かい風が体を吹きぬけて、私の体の中の心の中のざらざらを吹き飛ばしていく。あれあれ?心を風が吹き抜けるってあるんだなあ。しかも、なんかいい感じ。遠くの霊峰の方が近くに見えて、なんか覗き込まれているようだった。でっかい夕日が沈んでいく。ファイトッ!と叫びだしそうな、恐ろしいほどの多幸感。私は深く考えたいんだ!なのに自然っておそろしかあ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

共謀罪、21日に審議入り

「非戦を選ぶ演劇人の会」のMさんから緊急メールが届いた。 以下に貼ります。 ===== 共謀罪、21日に審議入りを与党(自民、公明)がごり押しです。 勿論、良心的な野党議員は、反対しました。 しかし、前回の選挙が問題です。どんな無茶も与党は通せます。 ごり押しをしたい人に何を言っても無駄なのかもしれません。 (だからといって、何かを言うのを、勿論、諦めたりしません が) 以下、法務委員会の名簿です! http://kyobo.syuriken.jp/iinkai.htmマスコミ各社にも、激励や質問を! http://kyobo.syuriken.jp/media.htm 註:上記のようなお知らせは、共謀罪施行後は、 犯罪行為とされる恐れがあります。 国民の意見なんて、聞きたくないんでしょう、きっと。 国際犯罪に限定することに、いまだ、与党は反対しています。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060418-00000095-mai-pol なぜでしょう? では、どういう犯罪を想定しているのでしょう? 619の罪状それぞれについて、詳細かつ具体的な犯罪案件を説明していただきたい。それが、本当に国民にとって必要なものなのか、どうか。国民が取り締まられ、言いたい事がいえなくなるリスクと比べて、価値のあることなのか、それは。 勿論、私は彼らの言い訳を信じません。 自分達を批難する(それが理性的な提言であっても、彼らは文句としかとりません)人々の口封じが目的の法案です、これは。 安価に口封じが出来るなんてものではありません。 何しろ、税金を使って、口封じが出来るのですから。 次の選挙までに、こんな法案が提出されてしまった、 日本の問題が、あきらかになるようにしたいですね。 そう思いませんか? 以下のサイトで、共謀罪が施行されたらどうなるか、 ドラマになったものを見ました。面白いです! (出版関係者、イラストレーターなどが登場します) 以下のサイトの『共謀罪、その後』第1話 です。 上映時間7分23秒で『Windows Media Player』が必要です。 共謀罪に反対する表現者たちの会ブログ  http://wave.ap.teacup.com/kyobozai/共謀罪MOVIE(ムービー)公開中!  http://incidents.cocolog-nifty.com/the_incidents/ 第一話とあるので、今後も連作になるのかもしれません。楽しみです。 (でも、共謀罪が通っちゃって、これがほんとになるのは、全く楽しみじゃありません!!!そう思いませんか?思ったら、無駄でも、誰かに意見を言って下さいね、是非!)

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (3)  |  page top ↑

ああ!この季節がやってきた!食べても食べてもたけのこが届く!!

たけのこご飯。若竹煮。春鰹のたたきと新たまねぎ。春菊の白和え(つぼみ入り)。ウコン臭い新じゃがのカレー煮。口中がえぐいよ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

かつてストラスブールの窓々に咲いていた可愛い外国の花のそばに、でっかいカマキリの卵

庭に水撒く時、ここは気をつける。 いつ孵るかなあ。 必ず吉良さんを思い出す。 簡単な私のシナプスよ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ぐんぐん上に伸びていく月桂樹。競ってる感じが「勝者の冠」のイメージなのかな?

剪定して落ちた枝葉を乾かす。 シチュー何年分だあ?!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっとちょっと!これじゃあ、世界に出て行ける人材はあらゆるジャンルで育たないよ

こんなに急いで、一体日本はどこに急ごうとしているのか? 最近右傾化が危惧される朝日新聞でさえ…以下社説です。 http://www.asahi.com/paper/editorial20060415.html#syasetu2 より。 採決禁止 東京の先生は気の毒だ  あきれる、というよりも、思わず笑ってしまう、こっけいな話ではないだろうか。  東京都教育委員会が、都立学校の職員会議で先生たちの挙手や採決を禁止したことだ。  都教委は今年初め、高校など263校の都立学校に対して運営のあり方を自己点検させた。その結果、学校行事などのやり方をめぐり職員会議で挙手や採決をしていたところが十数校あった。  学校を運営する決定権は校長にある。職員会議は校長の仕事を補助する機関にすぎない。校長が職員会議の意見に影響されるのは、けしからん。  そう考えた都教委は、全校に「学校経営の適正化」を求める通知を出した。その中で「挙手、採決などの方法で職員の意向を確認するような運営は行わないこと」と述べた。さらに念を入れて、児童や生徒の成績判定、卒業認定についても職員会議での挙手や採決を禁じた。  今回の通知は、学校運営を校長や幹部らの会議で決めるよう強く求めている。その会議で十分論議をせずに職員会議で議論してはいけないとも指示している。挙手や採決を禁止するだけでなく、議論することも制限しているのだ。  普通、挙手や採決をするのはどんなときだろう。色々な意見があり、なかなかまとまらないときに、どの案に賛成か手を挙げてもらう。賛否をもっとはっきりさせるときには採決する。  もちろん、なんでも多数決で決めればいいというわけではない。校長は指導力を発揮しなければならないし、最終的に学校の方針を決めるのは校長である。  しかし、その場合でも先生たちの意見を聞きながら、方針を決めるのが常識ではないか。先生たちの意見が割れたときには、挙手してもらって全体の意向を知りたいということもあるだろう。  そうしたことを一切許さないというのは、どう考えても、行き過ぎである。  賛成か反対か、採決によって多数意見を決める方法は、民主主義の大事なルールとして、先生が子どもたちに教えていることだ。その先生たちが、職員会議では挙手も採決も禁じられていると知ったら、子どもたちはどう思うだろう。  卒業式などで国旗掲揚や国歌斉唱を強制するにあたって、都教委は国旗の位置などを細かく指示した。通知や指示で学校をがんじがらめにするのが、どうやら都教委の流儀のようだ。  学校運営の決定権を持ちながら、ハシの上げ下ろしまで枠をはめられる校長は気の毒である。挙手や採決を禁じられる先生も、まことにかわいそうだ。  いや、だれよりもかわいそうなのは、児童や生徒たちだろう。  学校の活力は、校長や先生の意欲と熱意から生まれる。先生が決定事項に従わされるだけの存在になれば、学校の活力が失われかねない。  そんな学校で学ぶのは、子どもたちにとって悲劇である。こっけいな話というだけでは、すみそうにない。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。