スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

The undergrounder's move form forward way-out mod and avant-garde works modern.

燐光群の裴優宇の出演する 「ディア アンジー」を清木場ちゃんと見てきた。

続きを読む »

スポンサーサイト

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ん、もう!今頃確定して申告するよ。

インターネットで申告やってたら…突然、消えた!なんだあああああああ?!?!?!

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

暖かい…春は巡る。平等に。

昨日は斉藤憐さんの受賞祝賀パーティーの実行委員で、当日の進行の打ち合わせだった。

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ハンさんの留学のシーズンが終わる

ソウル・香港・東京「アジアの三人姉妹」で知り合った、ハン・ジョンリンさんがアーツマネージメントで、文化庁の在外研究生として来日してから、はやっ、10ヶ月が過ぎた。

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

エキゾチック!ルッコラの花

美味しい! うちの大農園にすっかり春が来たわ。 ローズマリーの花も可愛くて美味しい。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ジュリのお母さん帰仏

ジュリママは私より少しだけ妹だ。ジュリママと同じ歳の時、私の母も私を東京に出した。

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ジュリのお母さん・御挨拶会(私たちがね)@ぱちか村国際交流センター

25日。アキのアフリカンレストラン「ぱちか村」にて。園田君が台湾からのお客様をつれてきた。諸さんも駆けつけた。英語、北京語、フランス語、東京語、西九州語。アキの「ジュリママ歓迎の太鼓」も素晴らしくて、本当に素敵な店!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

超訳:せきねしんいちの観劇&稽古日記 by SEKINE Shinichi

関根さん(中央)の次回公演のチラシフライングステージ関根信一氏の日記から。 「罠の狼」に清木場直子の相手役で出演決定。夢が叶ってアンは本当に喜んでる。台本もビビリながら第一稿があがったばかり。

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

おとなが演劇を愉しむ方法?

今、隣人がステレオを大音響でかけて、どうやら踊っている。 23日は、マチネ、風間杜夫様の地人会公演、「流星に捧げる」のマチネを見に行く。根岸季江さん、風間さんの楽屋を訪ねる。 根岸さんとは5月に大阪のピースリーディングをご一緒する。渡辺えり子さんと一緒に、大阪の演劇人たちとのコラボが楽しみ。 風間さんとは山田太一さんの作品では、もう3作も共演させていただいてる。その流れで、どうしても見てしまう。山田先生の、木村先生の熱い思いが伝わってくる。 幕が開いたとき、何ともいえない綺麗な空気が舞台から広がる。「ああ、演劇だ。演劇そのものから吹いてくる、美しい風。 夜は小峰公子さんと月影十番勝負「約束」へ。木野花さんはとても尊敬する演劇人の一人。演技する喜びが体中から溢れてる。 ただ、暴力を安易に使いすぎる、と思った。もちろん仲のいい俳優同士での、コントみたいに、楽しみながらのことだとはわかる。わかる。鍛えられた体同士の、わかる。でも、使う音とか、私は、顔が引きつっちゃう。そのたびに心が冷えてすくむ。ま、お客さんは楽しんでたけどね、大体。 「蛇苦止浜綺譚」で、由佳(龍)が清木場ちゃん(蛇)をキックするシーンで、「ビシッ」という音をTEYOがものすごい勢いで作ってくれたことを思い出す。土足で舞台にあがった女の子のブーツを叩いただけで彼は「水木!LOVE&PEACEはどこへ行ったの?」と怒り悲しみ、一晩中話し合った。オーバーな、と笑われるかもしれないが、私たちはこうして気をつけていかないと、平気で大事な感覚を失くす。「バイオレンスシーンをファンタジーにするには?」本番直前に出来上がった2秒ほどの音は、ダンスシーン、一曲分くらいの願いが詰まっていた。 夜はオフィス風間の川村さんの仕切りで、公子さん、それから写真家の塩谷さん、懐かしい現代制作者の南君(今はT-artist)、飛ぶ鳥落とすアルファーエージェンシーの小内さん。喋る喋る。飲む飲む。スタッフさんの話は面白い。芸能界を支えてるマネージャーさんたちの武勇伝、本当に面白かった。 父は80歳の誕生日を迎えた。今テレビでは鮫に腕を食べられて助かった人のインタビューが流れてる。いろんな人生がある。いろんな芝居がある。この中で、私らしい表現をもっともっと探していこう。 しかし、公子さんは誰とのどんな飲み会でも明るくて、平等で、話も面白くて本当に楽しい。笑った笑った…。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

オデンとシャンパン…なんか鈴木聡の芝居みたいなタイトル

私はおこげが好きなので、ご飯は鍋で炊く。今日はすごくいいおこげができたぞん。しいたけとたまねぎのお味噌汁もす・・・・・・・ごくおいしい!でも家人は今、日本にいないので、ひとりでは食欲ない。そこへ、ジュリから電話。 ジュリのうちに呼ばれてオデンたべた。本当にジュリのオデンはおいしい。だけじゃない!料理うまいよ!きちんとだしからとってる。すごい。「おでんの素」サラサラじゃないんだ。 そして出てきたのがこの素晴らしいシャンパン!ジュリママ、ありがとう。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。