FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2005年12月 1/1

世界中の演劇の人に出会いたい!27日にマレーシアの女性作家のリーディング

日当たりのいい南のテラスからお日様いっぱい浴びながら、おどろおどろしいビデオを見ていた私の携帯が鳴る!ぎゃああ!今日は25日!徹夜続きで日にちの感覚狂ってるわ。リーディングの打ち合わせの日だった!マレーシアの女性作家リャオ・プイティンさんと演出の和田喜夫さんを待たせてしまった。西新宿の演出家協会の事務所に向かう。 国際演劇交流セミナー2005 マレーシア特集 12月27日 PM4:00~9:00 ht...

  • Comment 0
  • Trackback 0

HAPPY XMAS ( WAR IS OVER )

レノンのこの曲を今はひりひりと聞く。私にはクリスマスのすばらしい思い出がたくさんある。飢えたり怖かったりしたクリスマスは一度もなかった。ひとたび検索すれば悲劇の情報が溢れてくる。この願いを伝える声はまだまだ小さい。 去年も「自由という名のレール」の台本書きに追われていた。プロデューサーのオーダーがきつくて泣きながら書いたっけ。でも、仲良しの人たちと家族とたくさんで、韓国語や英語で、わいわい食事をし...

  • Comment 1
  • Trackback 0

師走ム~ド満点!パンパンの電車!何故か皆の顔が明るい。今夜の日本人は元気!

昨夜のテヨからのメールに大慌てで返事を書く。寝てない。 稽古はノロノロと停滞しているように思えるが、終わったら結構進んでて苛々して損したなと思う。かなり疲れたが稽古後、非戦のmeetingに向かう。来年のこと。来年も自由に平和を叫べるだろうか? 演劇は、寒かったり怖かったり痛かったり悲しかったり淋しかったりする人の心にじかに届く祈り。 病み上がりの体にみんなの願いがしみてきて、すごく元気になった。 ANASも梁...

  • Comment 0
  • Trackback 0

あせってあせってあせっているが、体がフリーズしてシャットダウン、なので、強制休養

観劇以上、打ち合わせ以上の日々が続いた上に、一人前の作家面して寝食忘れて資料を読み漁っていたら、体調を大いに崩してしまった。おとなしくしてます。とりあえず、PCを閉じて、掃除してみた。掃除したとたん、ジュリが来た。1月に出演するラッパ屋の芝居の台本の英訳仏訳をプリントアウトしていった。初舞台に初々しくドキドキしている様子が可愛い。 http://homepage3.nifty.com/rappaya/032.htm インターネットのWEBCAMERA...

  • Comment 0
  • Trackback 1

リアルってなんだ?不思議だ。本当に不思議。芝居っておもしろーーい。

「ヒカルヒト」 市原悦子という女優の説得力は全く外連みに依らず、稀有! 帰京のかばんを持って羽田から本多劇場へ直行。私を力付けていてくれたあの地の氣が無くなって、家出娘みたいに心細く何か泣きそうになった。下北沢でコーヒーを飲んでよみがえった。本多劇場にもふるさとに変わらぬ氣を感じた。 楽しみにしていた本番は、照明が入って装置も美しく、とてもわかりやすくなっていて、「勉強」ばかりでなく、楽しめた。終演...

  • Comment 0
  • Trackback 0

写真撮影が続いている。そのたびにコーヒー飲んでガボガボだあ!

私の一番落ち着く喫茶店では由佳のさつえいが…...

  • Comment 0
  • Trackback 0

あぁ、芝居ラッシュの12月!不義理お許しくだしゃーいm(_ _)m

合間に区の健康診断を受けてみた。 本当に覚悟が要った。だってこの生活である。不規則。一歩もPCの前から動かず、食事の時間も惜しくて近くのコンビニに駆け込んで、おにぎりかじりながら資料を読んだ。タバコも、お酒も。実力はないくせに見る眼はある。書けない。眠れない。 結果を聞きに行った。みなしゃん。私、ノープロブレム。「普通」の健康な人。ドクター曰く「血液のサラサラ、肝臓も綺麗。見事ですね。どこにも悪い...

  • Comment 0
  • Trackback 0

九州は私を帰したくなくて前日夜から雪。大風で、空港前の大看板まで倒した

帰ってきました。父のPCはさむーい部屋にあり、ネットカフェもなく、久しぶりに皆の日記やBLOGを読み漁り。東京にモードをあわせなおして行く。すばらしい日々でした。書き溜めてたもの書きますわ。 妹に送られて福岡空港へ。かつてここは板付基地だったところ。私が高校生の頃まではあちこちに迷彩を施した軍用機や戦闘機が止まっていた。「よど号」の時に見に行った。 前日から雪が降り出し、うっすらと積もり始めた。風...

  • Comment 0
  • Trackback 0

稽古場訪問は一番贅沢な「盗み放題」のチャンス。収穫の豊かさ!

ガジラの稽古場スタッフミーティング中の写真 「ガジラの稽古見に来ない?」とWプロデューサー。「いくいく!」と言ってしまってから、稽古場の遠さにびっくりした。密やかな企みごとのように、稽古は続いていた。 市原悦子さんは、昔ラジオ番組をご一緒した。確か市原さんは私の孫娘だった。好奇心旺盛な家政婦。おせっかいな刑事。もちろん、日本昔話。あまりにもたくさんのイメージの顔を持っている。私はずっと舞台の役者に...

  • Comment 0
  • Trackback 0