私は誰?

ジュリはなんと来年のラッパ屋の公演に出ることになり、エチュ-ドなんぞやっているらしい。話を聞くと何とも面白すぎる。ラッパ屋の過去のビデオを見たいので、とビデオを持って我が家に来た。私は台本だけでなく、公演企画段階の金の話しもあり当然PCの前で煮詰まっている。ゲラゲラ笑ってビデオを見終わったジュリが怖い顔になって、「You must go beauty shop!」と言った。私は久しぶりに鏡を見た。女優の微塵もない。美容院を予約して銀行に行く。店にはジュリも来て「見張って」いる。本当に久しぶりの美容院だった。「水木さんはひどすぎるネエ。おばばだよ。」縮毛矯正で春からのカーリーヘアに別れを告げる。みるみるさらさらヘアになった。大成功。ジュリはしてやったりとニコニコ。「私の髪じゃないのにすごく嬉しいね」その言葉が嬉しい。留守電にはテヨがニューヨークに着いたとの報告。そして、小学校からの親友の訃報。Y子ちゃん。あんたはウチの芝居はとうとう見らんやったね?どう?死ぬのは苦しかった?きつかったね?逢わんやった分くらい先にはウチもそこに居るやろう。タイガースの映画を鳥栖に見に行った時雷が鳴って大雨が降った。罰が当たったと思った。ピーとショーケンが好きやったね?ウチはトッポやった。フォーリーブス「女学生の友」「セブンティーン」あんたの勉強部屋の壁の額の絵!幽霊がいつも立っている路。もう地球上にはないほどたくさんの螢の群舞を、懐中電灯と蚊取り線香を持って見に行ったね。あのころはあたりまえの景色だった。あの時未来が見えている気がした。「ショーケンと結婚したい」と頬を染めて私に打ち明けたね?Y子ちゃん。Y子ちゃん。Y子ちゃん。ご冥福を。ご冥福を。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

無題

何故か早起きの生活になっていた私。陽が昇って空の色が明るく変わっていくのを毎朝眺めている時間。「あ、水木さん、朝早く起こしてすみません」携帯が鳴って訃報が届いた。信じられない。自分の人生を歩き始めたばかりの若い友人の「喪失」の知らせだった。

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

明樹由佳のワークショップレポート

La Compagnie A-nの考える「身体」「声」「言葉」 のBLOGに由佳のレポートがアップされています。 http://www.janjanblog.jp/user/engeki/engeki/ http://www.janjanblog.jp/user/engeki/engeki/1477.html どうぞご覧ください。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

書いてる。私が?PCの前で?

子供のころ、飽きっぽくて集中力がなくて、私は本当に自分を駄目な何にも出来ない人間だと思っていた。しかし違ったみたい。PCの前に座れば、はっと気付けば朝、お腹すいたなと思えば昼。トイレに立ち上がればもう暗くなっている。そんな毎日。腰が痛くて仕方ない。痛さも忘れるほど、集中している。台本の進みは遅い。登山での、引き返す勇気、のように書き直す勇気を持とう。いちいち持とう。なにかをできる人間だ、と自分を一生懸命に信じて。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

入交恵(いりまじりめぐみ)

私(西山)の代役を託せるのは君だけさ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

アメリカの小泉参拝批判

寒くなったからね、ジュリがホットカーペットを取りに来た。でも、押入れにしまってたはずのホットカーペットがない!誰に貸したっけ???どなたか、またご寄付くださるか、一冬、貸してください!!結局電気ストーブ持って行った。風邪引くなよーーーー。ところで、その手にはル・モンドの記事のコピー。「これから読むの」だと。長いよ、A4で2ページぎっしりの社説らしい。もちろんフランス語。KOIZUMIとYASUKUNI は読める。これだけアジアどころかヨーロッパやらが騒いでいる。アメリカももちろん黙っていない。人類史上最悪のテロ、真珠湾のヒローだって靖国にはいる。私の親戚もその一人。彼にあこがれて私の一族の何人もが海軍に志願したらしい。遠い遺族としてはやはり冥福を祈りたい。でも、黄泉(あっち)にいる人たちのほうが黙ってはいない。秋晴れになったり台風になったり地震になったり紅葉になったりしながら私に語りかけてくる。「だから、戦争犯罪の有様をはっきりしてくれよ」 で、THE NEW YORK TIMES の社説の日本語訳がありました!http://blog.goo.ne.jp/beach_girl/e/2a37531bb054d82418bca1011dbd5272 ここのブログ、面白い!がんばれ、ビーチガールさん! あ、ジュリが読んでたのは本物の新聞だろうけど Le MONDE WEB版はこちらです。 時速3行くらいでなら読める。かも(しかも、かも)

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

台風一過

素晴らしい秋晴れ。金太郎生誕の地にてロケ中です。和洋折衷の大きなお屋敷!



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

清木場直子

けいこばのきよこば天下一品の「シケ顔」と言われた清木場ちゃんも、ずいぶん大人びて表情豊かになった。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

立花あかね

アカネ@ケイコバあかねちゃんの困った顔は何故か元気が出る。別に西山はいじめっ子じゃないけどね。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

普通の国民

…は、もっと神妙だよ!八百萬の神様に拝むならば、朝日や毎御飯に拝めば通じるよ。TVの向こうにもある自然の神秘や人の縁しに手を合わせよう。国のために死んだと簡単に言わないでっ。悲しみにはたくさんの種類がある。あの人たちが死を賭けて戦ったのは、世界の平和と家族の安全を守ると信じてだよ。結果アジアの村や街を焼き、罪もない人たちを沢山殺させて、子孫曾孫の先までおもいっきりPTSDやADDICTION、罪悪感とコンプレックス育てて、それでなくても台風や地震で大変な私たちの国から男手を奪い、嘘の情報で沢山の戦災の犠牲者を出し。み霊が本当に今あるとしたら自分達がアジアの人との軋轢のシンボルになるなんて、死んでも嫌なこったと思う。連続リンチ殺人どころじゃない、戦犯という人として最も重い罪を犯しても、死んだら仏?だから!死刑制度は嫌なのよ。もちろん魂は平等かもしれない。でも小泉の行動は祀られている人の罪まで平等だと、抹消しようとしているのでは?拝む小泉より、あんな犯罪人たちと死の意味を一緒くたにされて拝まれる私の亡くなった家族の身になれ!てか、大体霊魂を信じてない私にとって、すごく信じてる人寄りの話になってるのが不健全!あと、違う宗教の人はさ、戦争で亡くなったすべての人の魂は靖国にあるんだ、なんて、大間違いジャン。昔、近所の幼児がお墓だと思って橋げたに「まんまんちゃん」って拝んでたけど。あなたには「これまんまんちゃんじゃなかとよ、橋の桁ばい」とニコニコ教えてくれるおばあちゃんがいないのね。俺の国俺の国って、アメリカのためには自分の国の、またもや国民を差し出してるくせに!こんなに災害が続いたら自衛隊は外国行ってる暇ないと思うよ。「自衛」できてないじゃん。よく言うよ。いいから平和を守って!あとさ、どんな国のトップリーダーだってさ、今や世界中の人たちの事や環境考えなきゃいけないんじゃないの?クーニャンをレイプした話をした飲み屋の隣の席の客や鎮魂の唄を歌謡曲でパロディーにした「軍歌」を大音響で流して歩く物まね右翼よりは、私は書類上の国籍だけは違うけど、感性や美学の共鳴する自分の友人たちの方が大切なんだ。みんなだってそうでしょう?「中国や韓国以外の国からは参拝は認められてる」みたいなこと言ったよね?あそこらの国はね、天災や戦災で本当に大変で、テレビなんか見てられないっつーの。しかも国境が隣接して今微妙な「お隣さん」との関係を第一に回復してよ!もうっ!



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS