FC2ブログ

西山水木の鶏頭と蠍尾

Archive2005年08月 1/1

稽古場参観

アアア!PCがぁ!再び真っ暗に! 今日は北千住の稽古場にあかねちゃんが来た。新しい髪型がすごく可愛い。長く暑い稽古を集中して見ててくれた。いつも沢山の人でごったがえすこの稽古場だが(ちなみに今日はテレビの取材、照明の黒尾さん、装置の朝倉先生、現場付きスタッフエトセトラ)身内が来るととても心強かった。見守るなかで通し稽古。 終わってマキノ氏がつぶやく。「おもしれえ!」強くうなづくスタッフ。全力で駆け抜...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ルナ

韓国語で「お姐御ちゃん」 私や小峰公子を、韓国の友人はこう呼ぶ。 私の部屋、日当たりと月と星だけのためにだけ捜したこの部屋の大きな窓から、月が見える。 月の御姐ちゃん。この呼びかけが私は大好きだ。 満月。風間杜夫さんの写真集が出来上がった。 小さな打ち上げだ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

稽古場の、私の机

前から見ても横から見ても美しい高橋和也君の隣。後ろの席はジイ、ポン、ピヨの楽しい三人組。smoky演出家席の後ろ。演助のみきちゃんのMacのスクリーンセーバー美し。斜め後ろにひっそり並ぶ私の癒し。キムキム、高鹿君、ルオ君、トラちゃん。 和也君に渡すお小遣いの小判と刺される出刃包丁。へんなの、芝居の現場って!...

  • Comment 0
  • Trackback 0

「モディリアーニ」と「だるまさんがころんだ」

モディリアーニが絵の向こうから、話しかけてくれるようになったのはすいぶん大人になってからだった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

演出家の頭のなかにはどんな景色があるの?

ううう…焦る…台詞が胎に入らない。芝居の一部になってワッと自由に泳ぎ出せる、あの感覚にたどり着かないや。あ、まだ早いか…。結局、コツコツやってくしかないのよね。 写真はセット模型を覗き込んで何やら企むマキノノゾミ。...

  • Comment 2
  • Trackback 0

Modigliani~モディリアーニ~

今日は楽しいカツラ合わせ!こんな役者冥利なことはない。まあ、刳りの美しいキュッとしたカツラを3枚ものっけることができる。(おお、プロっぽいぃぃ言い回しだ!・・・訳:生え際が顔に似合って作ってある、私の頭蓋骨にぴったり合ったカツラを三つも使用することができる・・・かなり贅沢)で、私のシーンの稽古がないからと早々と稽古場を出た。なんかあせる。和也君も美里ちゃんも必死で稽古しているのに・・・そうだわ、どうせならお...

  • Comment 4
  • Trackback 1

上も下もまっくろなモンペ姿に雑嚢と防空頭巾を背負い片道二キロの登り道を城戸のお宮まで毎日通いました。これが十八歳の乙女、私の青春だったのです。

ローカル局の、ラジオ番組であるが母が戦争の思い出を語った。記憶が、ちぎれとんだ父を介護しながら、思い出を綴る母の原稿を、先月の短い帰省中、PCに打ち込んだ。正直な、やさしい詩のような文章に、指が震えた。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

8/1AkaNetCafe ク・ナウカ『王女メディア』

ク・ナウカ『王女メディア』を観に行った! ク・ナウカ観るの久しぶりだ~。 AkaNetCafeへGO!!!...

  • Comment 0
  • Trackback 0