スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき    |   |  page top ↑

オーディション

幸運なことに、かなり絞り込んだ形でのオーディションを受けさせていただく事が増えたなぁ。大体メインキャストのお母さん役。久しぶりの原宿。せりふを覚えて役になって演ずるのは例えオーディションでも楽しくて震える。オーディションって大好き。


スポンサーサイト

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7/23 AkaNetCafe 調布花火大会に行く!

やーやー、夏だねー。今日(7/27)は、すごい暑かったぁ。 ということで、今年はちと夏らしいことやろうかと、調布花火大会に行ってきたのだ。 たまや~←絶叫 続きはAkaNetCafeへGO!!!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

長年の夢、ヌカミソを育ててみる

やはり、母の影響は大きいな。しかし、実家のヌカ床デス!なんてfamily主義いやだから、私は私のオリジナルを作ってみせるぞ、と、あちこち店回って、こだわりの自然食品店で糠を入手、初めてとはいえ門前の小僧、全て記憶を便りに、……で、第一号!オクラと人参とキュウリ!



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7月16日 病棟の待合室の七夕飾り

基山の七夕は8月である。七歳の旧暦七夕に、書いた書を持って、母の手作りのワンピースを着て、近所をまわった。お菓子をたくさんもらった。ご祝儀ももらった。友達のお父さんがお化けみたいな竹を伐って、大人が何人も担いで学校に届けてくれた。友達が言った。「あいはウチん竹ばい!」羨ましかったけど、春先に女の幽霊がさ迷うというそこんちの竹林は怖かったなぁ。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

バジルの花は真っ白でいい匂い。形がなかなか凝っていて可愛い。

地震と台風とテロを案じながら、ジュリは一時帰国。新宿のリムジンバスのりばまでおくる。今日は可愛いテヨの誕生日。「マミー、弘大のクラブでパーティだよ。キワンが奢るよ!おいでよ!」…行ってしまいそうになったよ。



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7月23日 この世は美しい!

地震!!怖かったですねえええっ!電話掛けっぱなしで掛かりっぱなし。皆ほっとするとまず大切な人のこと思うんだよね?ほっとして、生きていることが嬉しい時間。無事の知らせを分け合う時間。ああ、怖かった。

続きを読む »


□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7月22日 ミューズに誘われてメガイラに逢ってきた

お久に、ミューズ・小峰公子に、さり気に、誘われて、行って来ました。 三橋美香子「MIHASHI MIKAKO SINGS OUTSIDERS」・・・アウトサイダーズ・・・って・・・あぁた・・・すごいタイトル。 もちろん 三橋美香子=Vocal だが、 他のメンバーがすごい! 内橋和久on Guitar 太田恵資on Violin 梅津和時on Sax 「クレージー」「キ●ガイ」「変態」は表現者にとって最高の賞賛だがまさに、大人の成熟した、明るい怒りがあった。これ!これ!どうなってんの?と、私はすっかり興奮してしまった。何か、音楽という怪物の正体が、少し見えたようで、そしてその方々に感じるいかんともしがたいシンパシーよ! 人の深淵を覗く、ちから強い味方たちよ!しかし油断すると食われるぞ!

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

イノチハメグル

昨日はきれいな月でしたね。種から育てたはぜ蘭がすくすく育っています。もうすぐあの可愛らしい線香花火みたいな花が咲くんだ!



□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「写楽考」青年座の名作を・・・自主稽古初日

さて、映画とVシネの仕事をはさんでいよいよ「写楽考」の稽古突入だ。演出のマキノノゾミさんが本番中なのだが、役者だけ、集まって自主稽古だ!なんて、素晴らしい演劇人の鑑の私たち!!! 高橋和也君が先日、篠田監督、朝倉摂さんとのトークショーの話をしてくれた。「死の棘」「奇跡の人」「写楽考」と、映画と演劇の描き方の違いについて様々な人たちが語る現場にいることが多くなった。出演者もそれぞれ映像と舞台の両方に活躍の場を持っている人ばかりだ。私たち役者はいきなりその役になりきるのではない。役を生きるに当たってどういうジャンプの仕方をするのか。内藤裕敬氏から突きつけられた事でもある。「観客にとってのリアル」をどう生きるのか、観客にとってあらかじめバラバラにあるリアルをどこにチューニングするのかという演出の仕事に応えて、自由に周波数を変えられる役者でいるためには、こりゃもう、訓練しかないね? とにかく、稽古後半から私と和也君のお腹が鳴り出して、山路(和弘)さん(田中)美里ちゃんと秋田料理のお店に駆け込みましたとさ。

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ハンさんと餃子!

東京に帰ってきたので、留学中のハンさんと食事をすることにした。来日して3週間、彼女の日本のTOKYO LIFEはどうなんでしょう?アジアから来るたくさんのひとが味わう不快な思いをしていないだろうか?久しぶりに会うハンさんはとても颯爽として見えた。将来の夢や冗談や、あっという間に時間はすぎて、劇団に顔を出すと言う彼女を最寄り駅まで送って別れた。その後、「S」のプロデューサーM氏に文化庁関係の相談事をして、何かすごく元気になったことに気付く。ハンさんもM氏もとても力強く明るい。答えが短い。聡明だということは人を励まし、世の中を明るくするんだなあ。帰宅後、颯爽と聡明に明るくPCを開いて台本作り再開するが、うううう・・・

□■西山水木のヴォイスレッスン■□
by にしやまみずき   comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
...(// : カテゴリー:
NISHIYAMA MIZUKI...
西山 水木/にしやま みずき
プリエール (所属事務所)
毎日生活写真展↓
クリックで拡大↓

FOLLOW ME...

my twitter < > Reload

I WROTE...
NEWS...
アンのメールマガジン
A-n's news
を読んでください。
お名前
メールアドレス*
TO MOBILE...
QRコード
SEARCH IN MY BLOG
MONTHLY ARCHIVES
PAST 鶏頭蠍尾
COMMENT
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。