FC2ブログ
 

西山水木の鶏頭と蠍尾

アトリエDEWの会席 『日本映画、心に残る食事の名シーン』

『日本映画、心に残る食事の名シーン』
コーディネートで参加していましたが、
おかげさまで予約がいっぱいになりました。
次の食事会もよろしくお願い致します。

20190403150241.jpg

デヴィッドより

小津安二郎の映画にいざなわれて、私は日本料理を好になりました。
そして日本料理人になりました。
あれから随分経ちましたが、それは色あせることなく私を刺激し続けています。
食事のシーンには、映像を超えてにじみ出る人間のドラマがあります。

厳選したこだわりの旬の食材に手を振るい、愛する日本映画に捧げます。
きっと素敵なトークと美味しい会席のコースになるに違いありません。

春たけなわ、
静かな昭和の古民家で、
私のこの想いを、映画プロデューサーの古澤敏分さんととも語り合います。
勿論皆様もご一緒に。

四月二十日、土曜日の午後5時。
穏やかな春の夕暮れから、庭の木々に十六夜の月がかかるまで。
デビッドのアトリエDEWでご一緒に過ごしませんか?

20190403150314.jpg
"Japanese movie. Great scene of the meal remembered for a long time"
I was charmed by Yasujiro Ozu's movie, and came to like Japanese food.
And it was a Japanese food person.
From that it has passed a lot, but that keeps stimulating me without fading away.
There is a human drama which comes out beyond a picture in a scene of a meal.

A hand is used on the particular ingredients in season selected carefully and it's offered to a loved Japanese movie.
I'm certain that it'll be a course of a nice toque and good kaiseki.

The height of spring.
At an old private house in quiet Showa.
These my feelings, Mr. Satoshi Kozawa part of the movie producer and, if, I talk.
Be with everybody of course, too.

5:00pm of April 20 and Saturday.
Until it takes the month of the moon sixteen days old for the trees in a garden from the evening in gentle spring.
Does let's have time in David's atelier DEW together?

アトリエDEWの会席
『日本映画、心に残る食事の名シーン』
【設えと料理】
デヴィッド・ウェルス
【トークゲスト】
古澤敏文
【日時】
4月20日(土)
17時スタート
21時散会予定
【場所】
荻窪のアトリエDEW
(後ほど詳しい地図をお送りします)
【参加費】
5千円
(コース料理にワンドリンク付)
*持ち込みも歓迎ですが、料理に合う飲み物を用意してお待ちいたします。
*お子さまのご同伴はご相談ください。

PageTop